2018年08月14日

アサイ「木根さんの1人でキネマ」5巻

kinesan5.jpg カバーをめくると、映画タイトルがぎっしり! ページが足りなかったからってこんなことするかね。

 5巻では、新キャラとしてレンタルビデオ店主の理沙が登場。木根さんより上の世代の映画マニアだ。一方、会社では工藤ちゃんが若き映画マニアとして存在感を増してきている。
 理沙→木根→工藤、と3代にわたる継承のドラマが始まるのだろうか。この3人により、新旧のあらゆる映画を扱うことが可能となり、さらなる長期連載へ準備は盤石である(笑)

 さて、この巻は何といっても「バーフバリ」。話題になった作品なので、扱われる可能性は高いと思っていたが、まさか2回にわたってネタにされるとは。
 私も「バーフバリ」は大好きであり、「伝説誕生」との連続上映を観るために奔走したので、この回の木根さんの行動は他人事とは思えない。そして、過去回を強引に伏線にする佐藤の「インドで観た」発言には爆笑。
 なお、「バーフバリ」は、6月に「完全版」が公開されている。私が観に行こうと思ったその日、大阪北部地震が起こり、近隣の映画館がすべて休業。どうにも巡り合わせが悪い。日を改めて観たが、内容は言うまでもなく最高であった。

 このぶんだと、次巻くらいで「カメラを止めるな!」が出そうだが、果たしてその扱い方やいかに。
posted by Dr.K at 20:25| Comment(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

ドラマ「この世界の片隅に」 第四話

 先週文句を言ったせいか、この回は現代編、なし!

 さて、憲兵にとがめられたすずさん。原作では、家族みんなで大笑い、というオチになるのだが、ドラマはちょっと違う。すずさんが寝込み、それが妊娠疑惑につながり、すずさんが医者へ…と、出来事がスムーズにつながっていく。短編集的、断片的だったマンガと、連続ドラマとの見せ方の差異が出ている。
 続いて、北條家に久夫がやってくるシーン。原作では、黒村家の事情は義母や径子の口から語られるのみで、すずさんは久夫のことは伝聞でしか知らなかった。それがドラマでは、直接久夫が来て話す形になり、とてもわかりやすくなった。久夫のしっかりした態度が印象的で、加えて、径子の母心も真に迫っていたため、ちょっと主役がかすんでしまったかもしれない。

 りんどうの茶碗、ちぎれた帳面などから、すずさんは周作とりんの関係に気付いてしまう。映画では尺の関係で省かれていた部分。ドラマは今後どのように描いていくのだろうか。へたにどろどろさせないでほしいなあ。年末に公開となる長尺版映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」と比べて楽しみたい。

posted by Dr.K at 20:25| Comment(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

「Life is Strange: Before the Storm」その2

 プレイ終了。ちょっと他では味わえない切なさだ。

 それというのも、私はすでに「Life is Strange」をプレイしているから。今回の事件を通して親友となったクロエとレイチェル。エンディングではその楽しげな日々が流れるが、彼女たちを引き裂くその後の悲劇を知っているので、なんとも切ない気持ちになる。そしてエンドロール後の映像にぞっとする。

beforethe021.jpg
 その上、ボーナスエピソードの「さよなら」が、さらなる追い打ちをかける。
 マックスとクロエの別れの日を描いたこのエピソードは、幸せであればあるほど、喪失の予感で胸がいっぱいになる。開始一分で切なさが全開になり、ストーリーを進めたくない気持ちになる。

 プレイヤーのほとんどはこんな少女ではないし、こんな悲劇を体験してはいない。それなのに強い共感が生まれるのは、誰もが幸せな子供時代、あるいは青春時代を失ってきているからである。二度と手に入らないものこそが真に尊く輝く。一般に、ゲームの物語は、周回プレイや続編制作を意識してか、永遠に青春が続くようなものが多い。だがそれは子供だましだ。現実逃避で終わらせない「Before the Storm」は、やはり大人のゲームなのだと思う。
posted by Dr.K at 19:12| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

ドラマ「この世界の片隅に」 第三話

 あの〜、現代編からスタートさせるのやめてもらえませんかね、番組間違ったかと思うから。

 第三話は、りんとの出会い、周作とのデートなど。
 蟻を追うのは原作通りだが、砂糖壷をいきなり水中へドボン。何分もかかるエピソードでもあるまいに、豪快なショートカットで笑ってしまう。
 一方、周作がりんを見かける場面や、周作が海軍兵士と衝突し、水原に仲裁される場面がドラマでは追加されていた。もともと限られた出番しかなかったキャラを、レギュラーに格上げしようという意図が見える。今はまだいいが、水原が去って以降、戦地の水原などを見せるつもりではあるまいな。覚悟の別れが台無しになってしまうぞ。
 そして、周作とのデート。すずさんがアイスクリームを食べる顛末はドラマオリジナル。原作ではかなわなかった夢の実現に、なんだかほっこりしたのだった。

 最後は、すずさんが憲兵につかまるところで来週に続く、となる。先が気になる、連続ドラマらしい切り方だが、あらかじめ続きがわかっている原作既読組としては、そんな詐欺みたいな引きでええんかいな、と心配になってしまった。
posted by Dr.K at 20:17| Comment(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

ジュラシック・ワールド 炎の王国

 予告編を見て、「またいつものパニック映画か」と思っている人も多いだろうが、実際に観るとだいぶ違う。

 前作の事件から3年後。放棄されていた「ジュラシック・ワールド」の島で火山活動が起こり、恐竜を救出するかどうかの議論が起こる。恐竜保護団体を立ち上げていたクレアは、オーウェンとともに島へ向かう…。
 予告編では、クレアたちが、恐竜とともに噴火から逃げ惑うビジュアルが使われている。これは前半の山場で、スケールアップした恐竜パニックを存分に楽しむことができる。だが、いつもの「ジュラシック・パーク」はここまで。物語はまだ半分残っているのだ。

注:以下にネタバレを含む

続きを読む
posted by Dr.K at 17:42| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

「進撃の巨人」39 痛み

singeki391.jpg
 待望のアニメ3期は、始まるやいなや原作比300%のアクション盛り盛り。リヴァイのファンはもれなく昇天した。

 壁外の巨人をめぐる物語はいったん背後に引っ込み、ここからしばらく、王国の秘密をめぐる憲兵団との戦いとなる。策謀が入り乱れる物語は、獰猛な巨人を狩っていたここまでとはトーンが変わり、原作でも賛否があった部分だ。
 ところが、アニメでは巧みにエピソードを削って、非常にテンポがよくなっている。このへん、こんなに面白かったか? と思うことが多かった。削られた部分についても、順番を変えて後で出てくる可能性もあり、油断はできない。

 局がNHKに変わったせいか、感動系の名作アニメみたいな演出になったオープニングは違和感がある。しかし、第2話となる今回、エンディングがお馴染みのLinked Horizonだと判明。妙な安心感が漂った。
posted by Dr.K at 10:33| Comment(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

「Life is Strange: Before the Storm」その1

 買うかどうか迷っていたのだが、評判がいいので購入。
 「Before the Storm」は、「Life is Strange」の前日譚となる作品。マックスと再会する前のクロエを主人公としたストーリーが展開する。マックスがいないので、前作の最大の特徴である時間巻き戻しが出来ず、普通のアドベンチャーゲームになっている。開発会社も違っており、以前の良さが引き継がれているか心配である。
 しばらくプレイして、その心配は払拭された。まず、物を調べた時の細やかなメッセージは健在。クロエの性格も違和感がない。何より、レイチェルとの関係性の描き方が素晴らしい。これなら胸を張ってシリーズと言える。「Life is Strange」では、破天荒なクロエが、主人公のマックスを振り回す展開だったが、それ以前にはクロエの方がレイチェルに振り回されていたのだな、と感慨深い。

bforethe011.jpg
 さて、学校ではクラスメイトがTRPGに興じており、これにつきあう選択をすると、実際に参加することができる。マスターの語りも素晴らしく、異様に作り込まれている。学生時代にD&Dをプレイしていた身としては、なんとも懐かしい。私のプレイでは、クロエのキャラが死んで終わってしまったが、途中には何度か選択肢があり、見事にクリアするという結末もありそうだ。本筋を進めるにあたってはどうでもいい部分だと思うが、気になるのでもう一回挑戦しようかな。
posted by Dr.K at 20:39| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

ドラマ「この世界の片隅に」 第二話

 枠が良いせいか、視聴率がとれたようで結構結構。

 第二話は、すずさんの新婚生活から里帰りまで。
 原作では、ご近所に若い人がおらず、すずさんの孤立感が強かった。ところが、ドラマでは幸子はじめ、同世代のキャラが追加された。話し相手が出来、にぎやかになった分、径子のプレッシャーが緩和されている。
 ドラマはすずさんをどんな人物にしたいのだろう。今のところ、絵を描く場面が少ない。また、実家から嫁ぎ先へ、すっと帰れてしまう。原作では切符が買えずに帰宅を延期するという、印象的なボケがあるのだが、どうやらドラマのすずさんはそういうキャラではないらしい。
 終盤に、制作側の苦心が見えた。今回の話に登場しない人物を、少しだけ見せたのだ。映画であれば、一度に最後まで見るのが前提なので、キャラを登場させるタイミングは自在。しかしテレビドラマでは、毎週姿を見せておかないと、いざという時に「これ誰?」となってしまう。りん、水原、そして現代と、あわただしく場面が変わり、それまでのゆったりした流れと異質の映像になってしまった。
 主張の強すぎるBGMにもだいぶ慣れてきたが、どうにもジブリから借りてきた感が否めない。

 最後に予告的な映像が流れたが、次回だけでなく、今後の出来事を満載しており、必死過ぎ。原作にあるエピソードはかなり細かいところまで盛り込んでいることが伝わったが、いやいや、これじゃどんな話か全然分からないでしょう。
posted by Dr.K at 11:27| Comment(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

宇宙イカ革命「Splatoon2」 その12

spla2121.jpg
 発売一周年のフェスはイカVSタコ。私はSwitchの入手が遅かったのでまだそんなに経っていないが、めでたいことである。

 さて、フェス中には、自分の強さを表す指標として、〈フェスパワー〉が計測される。7戦ほどかけて数値が算出され、以降はフェスパワーの近い者同士でマッチングされる仕組みだ。前回のフェスで使い始めたスパイガジェット・ソレーラを手に意気揚々と参戦したのだが、これが失敗。今回はどうもうまく立ち回れず、負けまくった結果、フェスパワーが過去最低の1300代からのスタートとなってしまった。
 がっかりして装備変更。慣れたN-ZAPは1300代の対戦では圧倒的な強さとなり、一転してチームをリードする立場に。フェスパワーも終始上り調子のまま終わった。なんだかズルしたみたいで申し訳ない。

 我がイカ陣営は、得票数こそ負けたものの、対戦成績で勝り、一周年記念フェスを制した。イカのゲームでタコが勝つ番狂わせは防がれた。これもまためでたいことである。
posted by Dr.K at 20:38| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

グレイテスト・ショーマン

 2月に公開された映画で、とっくにDVDも発売になっているにも関わらず、いまだに上映している劇場がある。気になったので観に行った。おお、なるほど〜。これはリピーターがつくのも納得だ。

 まず音響。ミュージカル映画なので、楽曲はもちろんメインディッシュだ。しかしながら、家庭では大音響で観るなど不可能。地鳴りがするような迫力あるオープニング曲は、映画館でしか味わえない体験だ。ロングランのせいか、エンドロール後に練習風景が流れたのもお得感があった。
 そして映像。ヒュー・ジャックマンが演じる主人公は、かつて実在した興行師P.T.バーナム。当時の常識にとらわれることなく、フリークスを起用したショーを敢行する。題材的に、後ろ暗い映像になりそうなものだが、この映画ではショーはきらびやかで、演じるフリークスたちもセンスの良い服装で生き生きと踊り、楽しさが画面に充満している。
 物語はバーナムの少年時代から始まる。ところが、貧しい生活から身を起こし、ショーを成功させるまでがあっという間だ。うまく行くかどうかでハラハラさせるつもりがない、ということがわかる。続いて、成り上がったバーナムは、上流階級に認められるべく奔走し、ショーの仲間をないがしろにする。いったん沈むかと思われる部分だが、仲間たちの怒りはミュージカルに昇華し、力強いメッセージ性にテンションはむしろ上がる。最後にバーナムはすべてを失い、本当に大切なものに気付く。しみじみとする間もなく、壮大なショーが印象をすべてさらっていく。
 ミュージカルというと、なんとなく格調が高くて近づきがたいが、この映画はエンターテインメントに徹する。考えさせられる部分が少ないので、評論家筋からの評価は低いようだが、観終わってこれだけ元気を貰える作品は貴重。機会があれば、もう一度劇場で体験したいと思う。

映像美 7
音響 9
癒し効果 10
個人的総合 8
posted by Dr.K at 19:40| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする