2006年05月03日

ご当地アニメ登場 −涼宮ハルヒの憂鬱−

Npmiy5hi  連休中は教材探し。今年も絵コンテの講義はアニメオープニング集でいきます。そういえば、最近はどんなアニメやってるんだっけ。

 …という経緯で遭遇したのがこのハルヒ様。深夜枠でひっそり放映中。ネット上に転がってたオープニングとエンディングを見ただけなんだけど、これはヤバいぞ。ぱっと見3DCGかと思うくらい生き生きと人間が踊ってる。テレビアニメでこのクオリティとは、京都アニメーション、正気か。
 原作は小説で、作者は谷川流。この人、関学の出なんだね。作中には北口駅とか光陽園などの地名が出てくるそうだが、全部うちの近所がモデルか。見た目も似ているか、アニメで確認すると面白そうだ。
 マンガ版はツガノガクが描いてる。原作付きの仕事が多い目立たないマンガ家だけど、「時をかける少女」のマンガ版は、オリジナリティのあるアレンジがされていて、実は結構才能のある人なんじゃないか、と密かに注目している。

 そんな訳で、今時のキャラ萌え系作品ではあるんだけど、ちょっと無視するにはもったいない感じ。ご当地作品として、いっちょ読んでやるか。

公式サイトはこちら
posted by Dr.K at 16:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

こんなんあり?読書感想文代行サイト

 今年は、「ゲーム企画応用」などという科目が新たに担当になったため、シナリオライティングについても例年より突っ込んだ形で授業したいと考えた。
 ここで問題になるのが、作品選び。やはり作劇術を語るには実例が不可欠。しかしながら、学生は読書経験極めて乏しく、共通の知識となるような作品なんてありゃしねぇ。こっちで指定しても授業のために本を買って読んでくれるなんてことは、まず期待できない。
 しかし、インターネットがあれば解決できるんじゃないか? ウェブ上に公開されている作品なら、いつでも無料で読めるし。著作権の切れた昔の文豪の小説なら、法律的にもクオリティ的にも問題ないし。
 …と思って検索してたらえらいものを見つけちゃったよ!

著作権フリー! 自由に使える読書感想文

 大学生がレポートなどの課題を、ネット上の文章をコピーしてでっち上げてしまう、というようなことは今の時代よくあるんだろうけど、パクらせるために公開されている文章なんて、初めて見たよ。
 私は、小学生の頃、読書感想文で表彰されたことがあるが、他の人が四苦八苦してたからこそそういうチャンスが訪れたわけで、昔インターネットがなくて本当に良かったと思う。
posted by Dr.K at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

3〜4月のブログ

0krqybup
 いつもお越しいただきありがとうございます。ただ今、ランク上昇中の記事は…

6 「寄生獣」映画化 キター! 1089
 マンガの映画化と言えば、「デスノート」に「どろろ」とヤバそうなものが続きますが、せめてこいつはちゃんと作ってほしい。頼むぜハリウッド。

7 漢を見せろ!「レッド・デッド・リボルバー」 997
 あきまんさんからのリンクで、アクセス集中。思い入れのある記事に多くの読者が来てくれる、というのはほんと、書き手として嬉しい限りですね。

9 ゲーム貴族の嗜み「アースワームジム」 981
 こちらも島国大和さんからのリンクで、よく読まれる結果に。もうマイナーレトロゲームをウリにしていこうかしら、このブログ。

 今後とも世間の流れを適当に無視していく当ブログをよろしくお願いします。
posted by Dr.K at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする