2008年12月10日

堀井雄二、うっかり「ドラゴンクエスト10はWiiで」と発表

元記事〈Gigazine〉
「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売日と価格が決定、さらに次のドラクエ10は「Wii」で開発中

 このうっかり者めが、ハハハ…
で、すむ訳がないだろう!!
 ドラクエはだいたい4、5年に一作出るので、これでWiiは少なくともあと4年楽しめることが保証された。この安心感は大きい。ユーザーは、高いハードを買って短命に終わられることを恐れているはずだから。
 しかし、これで国内での主力ハードは決着がついてしまったかも知れない。今後は、本当に高度なCGを必要とするタイトルだけが、PS3やX-BOX360を土俵にして、先鋭的なユーザーを牽引していくことになるのだろうか。

 年末商戦を控えたこの時期の発表は、ハードの売れ行きにかなりの影響を及ぼすだろう。そして、堀井雄二が口をすべらせたのが、このイベントの〈仕込み〉だと勘ぐってみると、スクエニはもはやSCEを見放したとしか思えない。果たして、いつまでも完成の見えないFF13はどうなるのやら…

posted by Dr.K at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

「街」を待ち続け幾星霜 「428 封鎖された渋谷で」その5

Bnr_375x100_girl

 いやはや、なんという神シナリオ。クライマックスもエンディングもまだだというのに、涙腺がやばいことに。
 本作は、様々なキャラクターの視点で語れるというザッピングの長所を生かし、多様なプレイヤー層に訴えかけるストーリーとなっていて、ううむ、だてにWiiを選んでないな、と感心させられる。
 結末までもうすぐ、という所まで来ているのだが、ここまで終わってほしくないと思えるゲームは珍しい。チュンソフトはこの系統のサウンドノベルを、少なくとも5年に一本のペースで作り続けるべきである。

posted by Dr.K at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

「街」を待ち続け幾星霜 「428 封鎖された渋谷で」その4

「自分が嫌だと思うことは、人にしてはいけない」

 いやまったく、その通り。だから…

4284_2  「428」のネタバレとか絶対しちゃダメ
 これ、一時間ごとの区切りや、〈keep out〉(他のシナリオから飛んでこないと続きが解除されない状態)のたびに、プレイヤーを驚かす仕掛けのシナリオになっていて、真相へ一歩一歩近づく感じが延々と続くのだからたまらない。徹夜プレイヤーが出るのも納得である。
 さらに困ったことに、インターフェイスが素晴らしく洗練されていて、長くプレイしても疲れないんである。システム的には、複数のシナリオを行き来しなければならず、かなり面倒と言えるはずの内容。ところが、タイムチャート上で、各シナリオの進行をサムネール付きで一望でき、選択肢の箇所やジャンプの起点までが明示されていて、いつでもどこへでも行けるという超がつくほどの親切設計なので、試行錯誤がちっとも苦にならないのである。
 これをやってしまうと、今後、他のADVで、イベント絵コンプリートなんて不毛な作業をする気が全くなくなるな。

 最後に、現在のプレイ状況をわかる人にだけわかる書き方で。
「手をとりあえば エビ天が超うまーい」

posted by Dr.K at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

「街」を待ち続け幾星霜 「428 封鎖された渋谷で」その3

4283

 「428」製品版、特典付きでゲット! TYPE-MOON起用の謎を解明するため、せっせとクリアに向けて進めたいと思う今日この頃。

 さて、体験版とセーブデータに互換がないため、序盤を再び一からプレイすることとなる。また同じ話? いやいやご心配なく。今度は、別の主人公から先に読み、展開の違いを楽しめば良いのである。これぞザッピングシナリオの長所。
 体験版部分をとっととクリアし、続きをプレイしているのだが、これは面白過ぎる、やめ時が見つからない。ストーリーは重厚なものからコミカルなものまであってテンポがよいし、攻略に知的な推理も要求され、とてもエキサイティングだ。
 「街」ファンを意識した小ネタも随所に見受けられ、結末がどうなるのか、非常に楽しみになってきた。

posted by Dr.K at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする