2009年05月04日

続続・ゲーム界一の薄幸少女 −海腹川背・旬 DS−

Yuzaiここまでのあらすじ: 

 その後、〈海腹川背・怪文書問題〉は、舞台を裁判所に移して係争中。(画像はイメージ[E:sweat02])
 ゲームは原作者・酒井氏を迎えた新たなチームで、順調に開発中のはずであり、ファンとしてすべきことは、良い出来を祈って待つ。それだけだ。
 だというのに…
 ↓なんじゃこれはァァァァァァァァ!

TYO、ゲーム事業から完全撤退

 販売担当のGenterprizeと朱雀が、親会社から放り出されたぞ!
 TYOグループは、広告・映像を中心とする企業。近年、ゲーム企業を積極的に子会社化しており、他にスティング・5pbなどもあった。ところが、今期初めから、次々に子会社を手放し、ゲーム関連から撤退。昨年設立したばかりの企業も放り出す素早さだ。実績があり、アトラスとの提携も果たしたスティングはともかく、他のゲーム企業は相当な苦境に立たされるんじゃないだろうか。
 以下は、例によって根拠のない妄想なのでそのつもりで読んでほしい。

続きを読む
posted by Dr.K at 11:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

帰り着くべき故郷への想い 「朧村正」その3

 「鬼助」「百姫」の最初のエンディングへたどり着いた。
 良作である。
 このゲームは、アクションメインであり、ボス戦の前後くらいしかストーリーデモがない。なので、物語にはあまり期待しなかったのだが、予想外にいい締め方をしてくれた。確かに、他のRPGのような大作感はない。しかし、昔話や仏教説話を模してか、短くあっさりとまとめたことが、かえって爽やかな余韻を残した。

 以下、ネタバレあり。

続きを読む
posted by Dr.K at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする