2020年01月01日

2020年

 あけましておめでとうございます。

 大晦日はいつも通り紅白を観て過ごしましたが、新元号の始まりだというのに、あまり新鮮さのない中身でしたね。まだ若いのに、メドレーなどで過去の曲を歌っている出場者が多くて気になりました。そんな中、演歌枠で定着していたイメージをかなぐり捨てて、ドラゴンボールを歌った氷川きよしは、誰よりも若々しかったです。
kiyosi.jpg
最初は西川貴教かと思いました。
 さて、今年も総合司会がウッチャンですので、合間にはコント的な要素があります。紅白では、お笑い番組のような尖ったことはできませんので、いつもながらゆる〜い進行です。ところがそこへ、
harukac.jpg
はるかカッター!
 司会ではふわふわの綾瀬はるかですが、なぜかコントは全力です。本家より面白いじゃないですか。この場に呼ばれていない髭男爵が不憫でなりません。
posted by Dr.K at 22:43| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする