2005年02月28日

ラクガキ王国2 魔王城の戦い

 描いた絵が3D化して動き出す、夢のゲーム第2弾。今回はアクションゲームなので、前作以上にラクガキがぴちぴちとはね回り、見ているだけで楽しいものとなった。
 タイトーより、2004年9月に発売。

●このゲームは、とても短い。
 ステージをクリアするだけなら、おそらく10時間とかかるまい。
●しかし、このゲームはとても長い。
 前作よりはるかに緻密に描けるようになったラクガキ。しかも、描くだけではなく、アクションゲームならではの動きや技を設定する必要がある。こだわればこだわるほど終わらない!

●このゲームは、とても易しい。
 ステージに難しいところはほとんどない。強いラクガキを作るための法則を理解すれば、ボス戦もたやすい。
●しかし、このゲームはとても難しい。
 デザインにこだわりを持ってラクガキを作ると、ラスボスに勝つことはほぼ不可能になる。勝つためのラクガキとは区別すべきだ。

●このゲームのストーリーはとても悪い。
 子供向けの癖に妙にひねた性格の主人公。ムービーに力が入っている分長く、オープニングなどはタルくて寝そうになる。
●しかし、このゲームのストーリーはとても良い。
 ところが、エンディングは「この世界にもっといたい」と思わせる作り。ゲームの性質上、クリア後もラクガキし続けるプレイヤーがいることを考慮したストーリーだと思われるが、ゲームが済んでから盛り上がるってのも珍しい。

 前作が、プレイヤーには好評なのに投げ売り、という状況だったのをふまえ、2ではお金をかけて丁寧に作られた所が目立つ。ムービーはスタジオ4℃が手がけており、キャラの演技、声優の声など全体に高品質。
 ただ、元企画屋としては、もっとラクガキと攻略が直結するような、とんがったステージや、手強いザコ敵が欲しいと思った。PCゲームだったら、追加マップが売れたりしそうだが、PS2だからそういう商売はないだろうなぁ。
posted by Dr.K at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック