2005年04月09日

燃えよ、ゲームバカ その1

 ゲームは誰のものであるべきか。どんな人が作るべきか。そんなことを考えるきっかけが最近多くなった。
 例えば、カンフーモンキーさんの日記。該当記事は流れてしまっているので、ここに再録する。

■この業界、ゲームをしないことを自慢する人がたくさんいます。私も何人もそういう人に会ってきました。
 「俺、ゲームなんてまったくせーへんし!」。
 会社でゲームをよくやるプログラマーさんとそういう話になって、久しぶりに面白くて。

 「俺、映画なんてまったく見ないし」という奴が、映画制作に関わっているようなもんですよね。すごく不安にかられます。
 この業界そういう人が多いし、ゲーム制作を教えている人の中にもそういう人がいることもなんとなく聞いています。
 そういう人に教えられたいですかね? 映画を全く見ない人に映画制作の事を教えられても、なんのプラスにもならないような気がするんですけど。
 おじさんの年齢になったからゲームしなくなったねぇという人に、ゲームを作っている人間の技術や気持ちなんてわかるんですかね。

 まぁいいんですけど。


 カンフーモンキーさんは、現役のゲームプランナー。その日記を見れば、新作のゲームを次々に買ってプレイしていることが分かる。
 これは3月に書かれた記事で、「まぁいいんですけど」で締められてはいるものの、「制作者たるもの、ゲームをプレイするべき」という主張が伝わってくる。
 私はこの文で言う「ゲーム制作を教えている人」にあてはまるのだが、確かに、身の回りにはゲームをしない講師が多いように思う。これは実は、学生にとってちょっと気の毒な環境と言える。真剣にゲームを作っている熱い現場の雰囲気を、わずかでも学生に伝えること。それができなくては就職への意欲なんかわかないだろう。
 ただ、肝心の現場そのものが、カンフーモンキーさんの言うように熱気を失っているのだとしたら、元も子もない。そこで、このシリーズでは私が見聞きした、熱きゲームバカたちの言動を取り上げていくことにしようと思う。

続く
posted by Dr.K at 15:39| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
経験のある人間が教えるなんてこと、ゲーム業界じゃなくても当たり前のことだと思うけど、今はそうじゃないのでしょうか?たとえば僕は3D業界ですが、ゲームのCGしか見たことない人から「建物の作りがヘン」とか言われても、ちょっと素直に納得しにくいが、同業の先輩などは「スケール感を感じる適度な面取りをする」「ボックスを並べるだけでも、建築構造に沿っていればリアルに見える」など、生きる知識を教えてくれる。説得力をもたない言葉は聞いている側も理解する熱意を持てないでしょう。極論を言えば「説得力がない」=「教えてない」んじゃないでしょうか?
Posted by fuku-D at 2005年04月10日 20:01
fuku-Dさんの認識は(Dr.Kの考え方と)ちょっと違うんじゃないでしょうか。問題は「ゲームをしていないことを自慢気に話す」その姿勢じゃないですか。悲しいかなゲーム業界には、ゲームを卑下し(そして映画や文学などを崇拝する)人間が結構いるのです。僕はゲームを全然しない(と公言してる)人が斬新なゲームを作った例も知ってますし、その逆も知ってます。また、死ぬほどシューティングをやりまくった人もいれば、1本のSLGに触発されて業界を目指した人もいます。人それぞれ、ですよね。個人的には「ゲーム制作者はゲームをプレイすべき」とは思いません。僕もあまりしないですし。ただ「四六時中ゲームのことを考えておけ」とは思いますね。「燃えよ、ゲームバカ」の続き、楽しみにしてます。
Posted by MSM at 2005年04月11日 11:01
反響があるのに、まだ前置きだけで。>fuku-Dさん 「説得力がない」=「教えてない」かぁ。私の場合、講師は一種の演技者だと思っているので、伝えたい趣旨のためには、極論・誇張・レトリックを駆使します。(このサイトもそうですね) それによって説得力が増したり、面白いと思ってもらえればしめたものです。でもしくじると単なる嘘つきであります。>MSMさん 作り手が卑下しちゃいかんな。映画や文学は確かに表現手段としては先駆者なので、敬意をもって接するべきだとは思う。でもゲームで真似しても…ねぇ? 続きを書くのにある種プレッシャーが…
Posted by Dr.K at 2005年04月11日 21:06
MSMさん>確かに、ちょっと私事に置き換えすぎましたね。ただ、やっぱりそのジャンルに興味や情熱のない人間の意見ってのは素直に聞き入れにくいし。あとからその業界に入る側になってみると、先駆者には情熱を持っていて欲しいとは思いますね。   Dr.k先生>もちろんプレッシャーのために追加レス(笑)説得力をもたせるための誇張はむしろ当然だと思います。嘘になってしまうのはマズイでしょうけど、ハッタリは必要じゃないでしょうか?
Posted by fuku-D at 2005年04月11日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック