2005年04月30日

エロゲーだってがんばっている 「らぶデス」

Nawlffhm  すんません、エロゲなめてました。

 PC美少女ゲームといえば、進歩どころか退歩、十年一日のごとく安い作りのノベルゲームを売り続けている、そんな業界だとばかり思いこんでおりました。
 ところが4月28日に出たこのゲーム、まぁ何も言わずにとりあえずキャラだけでも見てくださいな。
 え、別に普通だって? これ、3Dでっせ、しかもリアルタイムの。

 そもそも、3Dで2Dっぽい美少女を描くというのは、ゲーム業界では長い間叶わぬ夢でした。エロゲー業界では10年くらい前から3Dのゲームはあったのですが、いかにもCGというテカテカの質感で、まぁ半分ギャグみたいなもんでした。それが、家庭用ゲーム機では、トゥーンシェードを利用することにより、アニメっぽい外観のCGができるようになり、コナミからは「ときメモ3」、ナムコからは「ゆめりあ」といった作品が投じられたのですが、その試みはあまり報われたように思えません。逆に言うと、このような最大手のゲーム企業が、最先端の技術と情熱を傾けないと、とても商品化できないジャンルであったわけです。
 「らぶデス」は、18禁専業の零細企業が手がけたゲームですが、ハッキリいってキャラの見てくれは他を一歩も二歩もリードしていると思います。残念なことに内容は従来のエロゲー並みのクオリティとのことですが、このCG技術をもってすれば、今後も色々と面白い試みができるハズなので、大いに注目していきたいと私は思います。

TEATIMEホームページ
posted by Dr.K at 18:48| Comment(5) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このCG技術で、シーラカンス(<a href="http://blog.kansai.com/chinpindo/59)を作ってほしいですね。" rel="nofollow">http://blog.kansai.com/chinpindo/59)を作ってほしいですね。</a>
Posted by StarD at 2005年05月01日 03:24
…無茶言わないでください。
Posted by Dr.K at 2005年05月01日 09:15
すごいです!同じく現職3DCGデザイナーとしては見事としか言いようが無いです。たしかに従来の3DCG美少女といえば、原画をまったく再現できていなかったり、腕と脚が交差する部分のアウトラインがうまく表現できていなかったりとか、シェーディング部分で2Dにかなり劣っていたのが。いやぁ、頑張ったなぁ。レンダラーのデータくれねぇかな?[E:smile]
Posted by fuku-D at 2005年05月02日 11:42
これ、ある程度一般化できる技術じゃなくて、このデザイナー個人のとんでもない技量の結果、という可能性もあるんですよね。なにげに立体向けのキャラ造形になってますし。
Posted by Dr.K at 2005年05月02日 16:24
キャラ自体の造形は、確かに立体向けですね(デッサン取れてたり、髪の毛トゥーンだったり)。今回驚嘆したのは、アウトラインと陰(影にあらず)の付き具合なんですよね。現在は3Dmaxを使用してますが、標準のトゥーンシェーダはかなり適当で、ナチュラルなアウトラインが出しにくい。加えてシェーダ、らぶデスは多分トゥーンじゃない、オリジナルシェーダだと思うんすけど、服部分の緩やかさと、肌部分のアニメらしさが絶妙なんですよね。そういえば、もうじき「餓狼伝」がゲーム化されるようですが、それにも「板垣シェーダ」っつう、特殊なシェーダを開発したようですが。ファミ通見た限りでは・・・イケてねぇなぁ。
Posted by fuku-D at 2005年05月07日 09:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック