2005年05月13日

出現、X-BOX360

 携帯機と違って、久々にバケモノのようなスペックの進化を見られて面白い。ソフトも大作感のあるタイトルを推しているように見える。

 …しかし、我々はここ数年で、ハードの性能がゲームの面白さを必ずしも後押ししない、ということを知ってしまった。
 そして売り手も当然、そのことに気がついているはずだ。マイクロソフトがどういった形で巻き返しをはかるつもりなのか、楽しみに見守りたい。
posted by Dr.K at 23:50| Comment(8) | TrackBack(1) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでははじめまして。ゲーム(科)から離れて大分経ちますがこういうニュース気になります。来年にはPS3も出るかどうかのところにマイクロソフトのこの動き。正に臨戦態勢といったところですか?端っこの方からにやけながら結末を見送りたいと思います。
Posted by 開拓者 at 2005年05月14日 01:54
先生こんにちわ僕はあのネタがやばいクラスで先生の授業を毎週楽しみにしている者の一人です。モモ部の偉大なる先輩、Nトミ先輩に教えてもらって流れつけました。このサイトすごく勉強になりますね!いろんな意味で(´_ゝ`)先生がとてもすごい人なんだというのを実感しました。これからも尊敬のまなざしで先生を見つめながら授業に出席します。
Posted by アドル・林 at 2005年05月14日 11:48
Nトミ君の方がすごい人になるのは確実なので、今のうちにプログラムとかモーション作りとか吸収しておいてください(笑)
Posted by Dr.K at 2005年05月14日 15:29
こんばんわです。ゲーム離れが進み、X-Box360を新聞でみて「あー新しいの出すんだ」と蚊帳の外な状況です。でもスゴイですね。あのスペック。デザインは嫌いですけど。どんなゲームが出てくるのか私も楽しみです(^-^;)。
Posted by PONTA at 2005年05月14日 18:04
大きさの比較、面白いですね。なるほど、旧PS2よりは小振りなのか。 しかし、あの縦置き専用っぽい形は気に入らんね。なんか中途半端にPCみたいですし。
Posted by Dr.K at 2005年05月15日 09:04
弱小請負い会社はもういっぱいいっぱいですよ。。うちも置いていかれないように必死ですが、とてもX-Boxやプレステの開発のノウハウを今から構築して追いつくことは不可能です〜人材や資金豊富な大企業との差は開くばかり・・[E:rain]こんな記事もありました↓<a href="http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050513-00000010-cnet-sci" rel="nofollow">http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050513-00000010-cnet-sci</a>
Posted by にら at 2005年05月15日 23:43
その辺については、また記事にしたいと思ってます。作り手にとってはどこまでも時間と技術の必要な進化ですからね。
Posted by Dr.K at 2005年05月18日 08:26
所詮はMS。他にもいろいろ発表されてますね。ソニーの「PSP3」に任天堂の「Revolution」「Game Boy Micro」とかハード戦争しまくりですね。しかし、任天堂が一番小振りっぽいですね。しかし、性能よりコストパフォーマンス重視とかいってましたが・・・。
Posted by PONTA at 2005年05月20日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

X-Box360のデザインは?
Excerpt: マイクロソフトのX-Box360は、日本市場の特殊性に何処まで通用するのだろうか?バケモノスペックだが、外見の評価は真っ二つに分かれている。
Weblog: ほんわか日記
Tracked: 2005-05-14 17:59