2005年05月15日

ブラック・ジャック どうなる「奇形嚢腫」?

 毎週月曜夜7時放送中の「ブラック・ジャック」だが、原作を知っている視聴者にとっては、話がどのようにアレンジされているかが注目の的になっている。
 例えば、「もらい水」のように、ピノコや写楽を活躍させるよう変更されたもの。また、「メールの友情」のように、無線機→PCのチャットと、時代性に合うよう変更されたものもある。
 中でも批判が集まっているのが、原作の持つシビアさが損なわれていることで、「不死鳥」では、原作では放置されて終わる悪女が、きちんと治療されて治っており、「春一番」では、瞳に焼き付いた男は殺人犯でなくなった。特に、「どしゃぶりのち恋」で、さんざん死にそうに演出しながら、先生が助かったときには、良かったと思うより先に唖然としてしまった。
 そんなわけで、アニメ化できそうにないエピソード、というのがすでに私の頭の中には何タイトルか浮かびつつあるのだが… なんと、手塚眞監督がブログで衝撃の発表を!

(たぶん)5月中に『ブラック・ジャック』のオープニングが変わります。
注意して見ててください。
ちなみに、やっと『奇形膿腫』シナリオ書き上げ、『通り魔』に着手しました。
放送は、まだ先ですが。


 「奇形嚢腫」!(監督〜、活字間違ってますよ〜) これはピノコ誕生を描いた重要な一話だが、そのグロテスクな表現から、アニメ化不可能の筆頭と思われたエピソードだ。そうか、やるのか。これで、ブラック・ジャックはバツイチのパパとか思っていた新規ファンの誤解も解けるな。しかし、原作通りにやると、アニメのここまでの雰囲気をひっくり返すことになる。妙な改変がされなければいいが…
posted by Dr.K at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック