2005年05月19日

出現、任天堂Revolution

 携(略)ハードの性能がゲームの面白さを必ずしも後押ししない、ということを(略)

 最後に出てきた任天堂。発売予定日もハード性能も明かさず、ソフトのラインナップも公開しなかった。それでも、期待値は他の2機種を上回ったと思う。
 通常、新ハードというのは性能を競うものだ。今回のPS3やX-BOX360のように。しかし、任天堂は暗にそんな争いは不毛だと主張する。
 思えば、現行のハード、中でもゲームキューブは、性能的に足りないわけではない。シェアがとれていないせいもあるが、サードパーティー製のソフトのほとんどは、いまだにハード性能を生かし切っているとは言い難い状態だ。極論すれば、必要なのは新しいソフトであって、新ハードではない。
 さて、PSにシェアを奪われてからというもの、任天堂にはゲームユーザーの中核である若者の層がついてきていない。その分、GBAでは子供層を、GCではファミリー層を、DSでは女性や非ゲーマー層をそれぞれ確保することで、市場を保ってきた経緯がある。
 Revolutionでは、それらに加えて、コアユーザー、しかもオールドゲーマーにアピールしていく方針のようだ。ゲームキューブとの互換のみならず、ファミコン〜64までの過去のソフトを配信する予定であるという。それらがDSにダウンロードできたりすれば、ファミコンミニのようなムーブメントを起こすかも知れない。
 「昔のお客さんを大事にしまっせ」
 そんなゲーム機が一台くらいあってもいいだろう。
posted by Dr.K at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック