2005年06月18日

任天堂あまりにもハジけすぎ 「押忍!闘え!応援団」

Ebfpag3u  今、任天堂がアツいです。
 そもそも、ファミコン以来、日本のゲームのスタンダードを作ってきたのがこのメーカーであることは、今さら説明するまでもありません。
 その古いメーカーが、守りに入るどころか、現在のゲームで乏しくなったと言われる〈新鮮さ〉を一手に引き受けているのは、一体どうしたことでしょうか。今や、ほっておくと世界を征服しそうで、目が離せない状態です。 
 なにしろ、4月には「nintendogs」で女子供を骨抜きにし、5月には「脳を鍛える大人のDSトレーニング」でオッサンまで虜にし、6月には「DS楽引辞典」で教育ママまでも味方につけました。そして7月、最終兵器として満を持して「押忍!闘え!応援団」が投下されます。

 このゲームは、上画面で進行する寸劇を、下画面で応援することにより、人生のあらゆる局面を切り抜けるという、ハジケきったバカゲーでありまして、応援の操作は、マーカーをタッチするという音ゲー方式になっております。「スペースチャンネル5」を最高のゲームと信じて疑わない私にとっては、目が離せません。
 しかも、こちらの記事などを見て頂きますとわかるのですが、選曲がまたイカれておりまして、モー娘とブルーハーツとオレンジレンジが並んでいるのを見るだけでも目眩がするのですが、ウルフルズと氣志團も忘れないあたりがさすがといいますか、「塊魂」に匹敵する豪華さを醸し出しており、気合いを入れて待つしかないであります!押忍!
posted by Dr.K at 13:40| Comment(5) | TrackBack(1) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもこんばんわ、ブログには二回目のコメントになります。一回目はとても失礼な形になりここでお詫びさせていただきます。なにぶん私もDクラスのメンバーなので[E:smile]私はDS持ってないですけどもこのゲームはとてもやってみたいですねww正直曲の選曲はすごいですねwwなんでアジカンやらラルクがおるねんってツッコミたくなります。さすが任天堂とだけ言わせていただきます[E:smile]
Posted by よっしゃん。。 at 2005年06月19日 01:08
これらの曲は、別の方が歌うらしいですよ。ひょっとして応援団…?
Posted by Dr.K at 2005年06月19日 15:00
恐るべき莫迦ゲーに飛びついたのは・・・・・・私だけではなかったのだ!!(†カミサマアリガトウ†) うん。そうですね。一言で言い切れば、莫迦ゲーです。 それでも、最近の恋愛シミュレーションまっしぐら路線に対するアンチテーゼの様にも受け取れますね。
Posted by 人非子 at 2005年06月29日 09:11
最初はこういうマンガの原作があるのかと思ってしまいました。あまりに濃いので(笑)
Posted by Dr.K at 2005年06月29日 09:42
「押忍!闘え!応援団」の海外版があることをご存知でしょうか?ゲームシステムは同じですが、ストーリーと曲はいずれも新作。応援団もサングラスに黒スーツとMIBを思わせる格好で、彼らの出動を命じる司令官まで登場します。これはもう応援団2といっても過言ではないものになっています。
Posted by H原 at 2007年01月20日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

紛れも無く莫迦ゲーだ!だがッ!!クソゲーでは無い!!
Excerpt: 参 考資 料<br />(画像クリックで拡大できます)<br /><br /> こんなゲームが発売されている。<br />昨今稀に見る、爽快とも云える莫迦ゲーである。<br />そう・・・・・・!!<br />『莫迦ゲー』<br />である。<br />それは否めない。<br /><br /> が・・・・・・ッッ!!<br /><br />こ..
Weblog: 人非子劇場
Tracked: 2005-06-29 21:09