2005年06月25日

STAR WARS EP1 ファントム・メナス

 新作の公開も間近ということで、旧作がテレビで放送された。

 いやぁ、公開当時はわくわくしたねぇ。「ジェダイの復讐」から長いブランクを経て、最新のCGで彩られた映像、ということで無闇に期待していたのを思い出す。

 今見ても、全編素晴らしい映像だ。これはEP4〜6の旧作にも言えることだけれど、デザインの面白さがずば抜けている。
 見たことがない、しかし存在感のある宇宙人たち。宇宙船やポッドなどのメカの独創性。出るたびに衣装が違うアミダラ王女など、他の映画との格の違いを大いに見せつけている。

 ただ、ストーリーは意図的に脇扱いになっているようで、ポッドレース、大規模戦闘、ダースモールの華麗な殺陣など、数多い見所を数珠繋ぎにしたダイジェスト版、という雰囲気が否めない。今回のテレビ放送はノーカットのはずなんだけど、飛び飛びに話を見ている気分がするんだよね。
 また、ストーリーの転がし方にも問題がある。アナキンは、特別な子なので、機械に強かったり、パイロットとしてのセンスがあったり、身体能力に長けていたり、というのはいいとしよう。それなのに、終盤の戦闘では、本人が理解しないうちに敵母艦を破壊。つまり、才能じゃなくて運で展開しているわけで、その意味では、ギャグ担当のジャージャーとなにも変わらない。フォースって運が並はずれて強いことなのか?いや、違うだろう。
 STAR WARSはもともと、宇宙時代の神話を目指しているので、やはりこのへん、キリストの奇跡、あたりから発想しているのかねぇ。だから、西洋の人には、神の子限定のご都合主義というのが、すんなり受け入れられるのかもしれない。

映像美       10
大スクリーン向け 10
ストーリー展開  5
個人的総合   8
posted by Dr.K at 10:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気合入れまくってエピソード3観てきましたが、どうやらSW最後の祭に向けてTVでも力入れてるみたいですね。各局で順番に五作放送って(笑)エピソード1についてマニア的に余計なお世話フォローを入れさせていただきますと、機械に強いのはワトーのジャンク屋で奴隷やってたからで、パイロットとしてのセンス&身体能力の高さはアナキンのミディ・クロリアン値(ジェダイとしての資質みたいなもの)が高いせいですね。これにも理由がゴタゴタとついてて、ようやくエピソード3で謎解きされた部分なので伏せときますが、要するに「選ばれし者の力」だと思ってもらって問題無いです。で、最後の宇宙戦闘の件ですが、ノベライズ版の描写によると、実はあれも運ではなく「フォースの導き」によって必然的に起きたことのようです。これも「フォースとはなんぞや」というとこから始めないといかんので困ったもんですが、とりあえず「無意識のうちにフォースを使って破壊すべきものを破壊した」と解釈してもらえればモーマンタイです。結局長い! これだからオタクは困る!
Posted by GON at 2005年06月27日 19:33
レコーダーの残り容量がピンチじゃ。フォースって、EP4の頃は「ああ、ニュータイプみたいなもんか」で納得できる所があったんだけど、近作のはどうもそう単純じゃなくなったみたい。 そう言えば今週のフォトショップの課題、下絵がジャンゴ・フェットってT先生、趣味出し過ぎ(笑)
Posted by Dr.K at 2005年06月27日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック