2005年07月18日

「寄生獣」映画化 キター!

 元記事「忍之閻魔帳別館」 浦沢直樹「MONSTER」岩明均「寄生獣」揃ってハリウッド進出 より。

 名作の映画化、そして日本人監督起用とは言え、ハリウッドってことでやや心境は複雑。まぁ、国産で安っぽいのを作られるよりいいのかなぁ。
 CGでなまめかしく動くミギーなんかは確かに激しく見たいが、「寄生獣」の肝は、やはり作者の絶妙な立ち位置にある、と思うんだよね。パラサイトってのは、人類を喰う存在で敵なんだけど、これと戦ってねじ伏せればいい、という単純なストーリーではないでしょう。
 だからこそ、市長の死、後藤の死因、そして最後の敵が人間の殺人犯である、というようなエピソードで、含みを持たせてある訳で。

 これが、よくある人類最強、アメリカ万歳、敵皆殺しみたいなことになってしまうと、それはもう「寄生獣」ではないので、「バイオハザード4」とでも改題するのが賢明かと思う次第であります。
posted by Dr.K at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『寄生獣』は清水崇が撮るらしいですね。アメリカでの実績があって、ホラーが得意という事を考えると、まぁ順当な人選でしょうか。ところで、アメリカでは本の開き方の問題で左右反転した『寄生獣』が流通してるらしいんですけど、もしかしてミギーは左手になっちゃうんですかねぇ(笑)あと、映画つながりで。昨日ポケモン観に行ったら劇場版ブラック・ジャックの予告流れてました。「ついにドクター・キリコ登場!」…って、テレビにはまだ出てなかったんですね…意外。
Posted by GON at 2005年07月18日 21:34
ミギーの英語名はLefty(つまり左)とどっかで聞きましたよ。 ブラック・ジャック予告流れましたか。キリコは本編では未登場でして、この映画があるということはテレビでの出演は絶望的ですな。
Posted by Dr.K at 2005年07月19日 08:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック