2005年07月23日

手塚眞監督、絵コンテを語る

 ヴィジュアリストという肩書きで、実写にアニメに活躍中の手塚眞監督が、ブログでメディアによる絵コンテの違いについて述べておられます。

 私は、「映像制作」なんて科目をなぜか担当しているので、これらの違いについて、教科書的な知識としては知っていたのですが、こういう現場の言葉による裏付けはやはり貴重ですね。

 で、実は気になるのはこの発言。

ぼくは中途半端に絵が描けるのですが、実写のスタッフにも、アニメの現場でも、「マンガみたいですね」と言われてます。

 …ということは、眞監督の絵による「ブラック・ジャック」の絵コンテが存在する?? だとしたら必見でしょ。最近予告された映画版のコンテ、DVDの時に特典になったりしませんかねぇ。眞監督が描いたキリコなんて、ぜひ見たいと思いませんか?
posted by Dr.K at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック