2005年07月24日

「戦国BASARA」

4qrprmrc  戦国BASARA公式

 これ、ああ「戦国無双」のパクリね、ってことで、発表当初の期待値は低かったんですわ。
 最初に「ん?」と思わされたのは、小出しに情報公開されるキャラでした。伊達・真田の主役陣は、スカしててどうも気にいらんかったわけで、いや、そもそも俺ダンテも嫌いだし。ところが、本田忠勝がメカ化してたり、マッチョ宣教師ザビーが出たあたりで、〈スタイリッシュ〉のかけ声が何やら怪しくなってきたのです。
 そもそも、カプコンのキャラ作りは、伝統的にユーザーの持つ常識をどこまで裏切れるかで勝負しているようなところがありまして、例えばスト�のダルシムでは、どこまで手足を伸ばすとスタッフから笑いが起こるかという基準で、技を作ったりしたそうですが、そういう感覚がにわかに復活したかのような雰囲気を感じたのです。
 ザビーも、オールドカプコンファンならば、「キング オブ ドラゴンズ」でも「D&D」でもクレリックはマッチョ、という前例にならったものと看破できるハズです。

 さて、このゲームも先日無事発売となりまして、公式サイトでの情報も全公開となっておりますが、正直スマンかった、参りました、「戦国無双」が束になっても絶対かないませんわ、このバカっぷりは

 何しろオープニングからして狂ってます。
 伊達政宗は、手放しで馬を駆ってますし、旗は暴走族のごとき文字が乱れ飛んでますし、だいたいお前、なんで英語しゃべってやがるんだよ。しかも下手くそだし。
 一方の真田幸村は、武田の忠臣である、と言うところまでは史実に沿っているのですが、ボーイズラブ風味を遙かに通り過ぎて単なるバカップルになり下がっており、腐女子でも多分ヒく。

 こんなものを大作クラスのお金をかけた演出で見られるんだから、まだまだカプコンも捨てたもんじゃない。ゲームが割と普通な無双っぽく見えるのが、かえすがえすも残念であります。
posted by Dr.K at 19:49| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
OP等を見ましたが無双ですねぇ馬鹿度やネタ度で勝ってると思うのですがやっぱり二番煎じな感じがします。しかし、キャラクターのユニーク度合いがすさまじいですね〜。OPでのお気に入りは真田幸村OPですね一人で大笑いできる一品ですねぇ。声優も微妙に豪華?
Posted by 茶話<sawa> at 2005年07月24日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック