2005年09月05日

このゲームはとても踏み込み過ぎ−龍が如く−

Lcalcrhw
Q 「龍が如く」とは?
A サブタイトルを「シェンムー� 歌舞伎町」といい、歓楽街を緻密に再現した超大作です。

Q 〈伝説の極道〉とは?
A 今から20年ほど前、横須賀港の極道を締め上げ、大陸に渡っては香港マフィアを壊滅させ、黒幕の藍帝をも倒した巴月涼という青年がいました。
 桂林の山奥から伝説の宝剣を持ち帰ったため国際問題になり、警察に捕らえられました。それから十数年が経ち、出所した彼は桐生と名乗っているようです。

Q 〈100億円の少女〉とは?
A 「シェンムー」と「龍が如く」の制作費を合計するとだいたいこれくらいになるのですが、何かの暗示でしょうか。

Q ちょっと遊んでいけますか?
A 「シェンムー」では、ガチャガチャやゲーセンで遊ぶことが出来ましたが、「龍が如く」では、キャバクラで遊べます。18歳以上推奨とは、つまりそういうことです。

Q 買い物はできますか?
A 「シェンムー」ではコンビニで買い物をしましたが、「龍が如く」ではドンキホーテなので、より幅広い買い物が出来るに違いありません。私はドリームキャストが買えると信じてます。

Q キャストの中にとても怖い人がいるのですが。
A 本作のプロデューサー、名越氏です。藤原組長より凄みがあるのは、何か間違ってる気がします。

Q 開発状況はどうですか?
A 一見快調ですが、デザイナーは「マンホールのフタの裏をモデリングしたけど、誰が見るんだろう」「もうナイス顔のオヤジは嫌なんだよ!」「車やフォークリフトはメカじゃないよ〜」などと、昔どこかで聞いたような愚痴をこぼしているようです。

Q このゲーム売れるの?
A 売れないと16章まで出す計画が中断してしまうので、ぜひ買ってください。

注:この記事は多くの虚偽を含みますので、正しい情報は下記をご覧下さい。

「龍が如く」公式
posted by Dr.K at 20:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファミ通立ち読みしてたときに「これ作る前にシェンムーはどうすんねん!」って思って写真だけ見てスルーしたんですがこれが続編(?)だったんですねwってか「シェンムー�」がやりたいです。先生!近くで売ってるとこしりませんか!?
Posted by アドル・林 at 2005年09月05日 21:19
流石、Dr.K!俺たちに出来ない事を平然とやってのけるッ!!そこにシビレるゥ、憧れるゥッ!!!
Posted by でじj at 2005年09月05日 23:52
昔はシェンムーの失敗をただ笑うだけでしたが今はあまり他人事じゃないので生暖かく見守ってますよ!!そんな殊勝なことを考えつつこれからジャンプを読もうと思います。ではまた
Posted by 麻生 真 at 2005年09月06日 11:38
記事は悪のりがすぎましたが、よそがやらないものを作るというのは、とても素晴らしいことですよ。こういうのが一本もないようだと、業界も明日がありませんよ。
Posted by Dr.K at 2005年09月07日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック