2005年11月28日

アタック オブ ザ キラートマト

 blog「萌田製作所」のハイザメさんを慌てさせついでに、ネタを投下しとこう。

記事「爆笑バカ映画決定戦」に、
巨大トマトが人を踏み潰す映画があると聞きTUTAYAに行くとマジであった。(略)
電波ユンユンなトマトのOPソング。
この手の作品は歌って踊るのが好きなのかと思ってしまう。

とあるが、てめーら、HRで何見てんだよ。21世紀にもなって「アタック オブ ザ キラートマト」かよ!
 さてさて、アメリカ人の感性とはわからないもので、この映画、それなりにヒットを記録したらしい。

 なんと、ゲームが出てしまいました
Tpdqzftw

トマトがつぶれまくる演出は必見です

タイトルやストーリーデモまわりは気合いが入りまくっているわけですが、うらぶれたサウンドも手伝って、ゲームは泣けるほどしょぼいです。
8no1zq0p

そもそもジャンプでよける以外何ができるのかわかりません

 ファミコン時代、キャラゲーに当たりなしとは、よく言われていたことですが、本作の場合、もとがもとだけに当たりようがないので、誰も文句は言わなかったんじゃないでしょうか。いや、単なる憶測ですが。
posted by Dr.K at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3DにB級映画の推薦を行なっているのは私です。
Posted by ごぬ狐 at 2005年11月30日 21:40
B級映画なのにゲームにしたら面白いと思ったのかな。。。話題性で意外と売れたとか?w現状の3Dは担任の寛大な心が起爆剤のような役割を持っているような気がします。。。
Posted by 灰雨【ハイザメ】 at 2005年12月01日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック