2006年05月18日

「涼宮ハルヒの憂鬱」読了

Sg9ame9i  先日の記事で「いっちょ読んでやるか」と書いたら、学生のS君が貸してくれた。いやぁ、書いてみるもんだねぇ(笑)

 先日無事読了。けっこう面白かった。
 意外だったのは、思ったより文章が硬いってこと。特に、ハルヒが活躍を見せる前の冒頭あたりはそう感じた。そして、さらに意外だったのが、底流に流れるオヤジ臭さ。ほんとにこれ、今の高校生が楽しんでるの?古典SF小説からのネタが満載なのだが、それをさも新しいものであるかのように加工してみせる手際がうまいんじゃないだろうか。
 ノリは軽いんだけど、作者のデビュー作だけあって、中身はサービス満点。主要なキャラ一人一人が、一冊主役を張れるだけのネタを大盤振る舞いしている。

 最後にオマケ。キョンが長門有希と行った図書館は、西宮北口ACTAの市立図書館がモデルでしょうね。説明がまんま当てはまります。
posted by Dr.K at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック