2006年05月25日

七人の女弁護士

 釈由美子演じる女弁護士が、水戸黄門の如きワンパターンさで「ニゲル場所ハアリマセンヨ」と法廷をぶった斬るのがこのドラマ。とにかく王道で痛快です。

 舞台となる「七人の女弁護士事務所」は、釈の他は野際陽子、柴田理恵、川島なお美、原沙知絵、南野陽子、井上和香と無闇に豪華なキャストで固められてます。その癖、ストーリーは完全に釈一人を主役として書かれているもんですから、これら豪華脇役の演技は妙に肩の力が抜けており、毎回殺人事件をキリキリ審議しているはずなのに、和み系の空気が弁護士事務所を覆っているという妙な塩梅です。
 特に、南野陽子が素敵すぎます。テレビで見るのは一体何年ぶりでしょうか。多分ザ・ベストテン同窓会で昔の歌を歌っていた姿を見たのが最後だった気がします。とにかく、南野演じる田代弁護士のキャラ立ちは異常。弁護士なのでそれなりにお堅い他のメンバーの中で、一人だけ服装がくだけてますし、片時も離さないぬいぐるみなどの少女趣味アイテムがちらちらと画面を横切って気になります。そしてとどめに宝塚出身ならではのネイティブ関西弁の麗しさといったら! 釈や井上といった若手を差し置いてのこのかわいさはもはや怪奇現象です。これで38歳かよ、オイ。

 さて、被告や証人として、一回限りの登場となるゲストが豪華なのも、このドラマの特徴。予告編でぶっ飛んだのですが、来週は、荒川静香が検事として立ちはだかるとのこと。すごく似合ってるよ、どうしよう(笑)
posted by Dr.K at 22:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

自然法算命学で釈由美子さんを占いました!
Excerpt: とても美しい釈由美子さんを占いました。 釈 由美子(しゃく ゆみこ) 生年月日:1978年6月12日
Weblog: 算命学NEWS(ブログ) - 算命学 天中殺 占い相談 運命鑑定と通信講座
Tracked: 2006-06-24 20:58