2006年09月17日

破壊を科学せよ −FULL AUTO−

 来週はいよいよ東京ゲームショー
 PS3・PSPを率いるSCEと、 Wii・DSを率いる任天堂との競争の構図がより鮮明になり、これらの機種での新作ゲームのラインアップが注目されることと思いますが、忘れちゃいけないのがX-BOX360。とんでもないタイトルが、それはもうひっそりと準備されていたのです!
Cmiq0rmm  それがこのFULL AUTO。洋ゲーのローカライズ版らしいのですが、セガの公式サイトが近来まれに見るアホっぷりを発揮しており、激しく興味をそそります。

フルオート公式

 「FULL AUTO」は、「BURN OUT」あたりからの流れをくむと思われるドライブアクションゲーム。ただ競争するのではなく、武器を積んだ車で破壊の限りをつくします。銃がにょっきり生えた車のデザインの頭の悪さ加減がたまりません。道路脇のあらゆるモノは破壊の対象となり、爆発飛散します。前を走っているライバルももちろん吹っ飛ばせます。自機も頻繁にクラッシュする展開となりますが、「プリンス オブ ペルシャ」のように、時を巻き戻してなかったことにするという強引なシステムまで実装されており、心おきなく事故ることができます。
 それらの破壊・爆発は物理シミュレーションで表現されており、驚異的な多様さとリアルさを実現している模様。高性能ってこう使えるのか、と感心することしきりです。

 ところで、私がブログを借りている「関西どっとコム」には、「Xbox360は世界を制覇するぜブログ」という意気軒昂な人気ブログがあるのですが、このゲームが発売したらぜひとりあげて欲しいなぁ、と期待している次第です。
posted by Dr.K at 17:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その横に居るおっさんの方に気が散って、集中できませんでしたよw とりあえず、ドラム缶爆破の時のリアクションは最高に頭が悪そうでした(褒め言葉)ゲームとしてもXBOX360っぽさが前面に出ていて、いいですね。対戦とか凄い楽しそうw対戦の時も、時間戻しが使えるのかが気になるところですが。
Posted by でじj at 2006年09月18日 08:11
あの教授最高ですな。 ニュートンの最も知られている法則を引用して、「何を言っているのかさっぱりですが」と言ってしまうアホさ、突き抜けすぎです。 しかしお金のかかった映像ですよね。セット組んで、俳優使って、爆破して。もともとアメリカ版であのプロモーションが行われていたのかもしれません。
Posted by Dr.K at 2006年09月18日 11:11
おっさん最高ですね〜。ガスタンクぶっ飛ばしている時にガッツポーズ決めていたり、ロケットランチャー構えたり、面白いですよね。一番受けたのはバナナ研究員(←勝手に命名)が車でオルガンふっ飛ばした後にハンマー振り回すところでしょうか。というか、ゲームの内容はほとんど分からず、とにかく爆発の研究にこだわったということしか分からないのがスゴすぎ。そして、あの60年代風?な研究所・・・絶対爆発の計算シミュレートなんかできそうにない!?こんなの見せられたら、Xbox360買っちゃいそうだよ・・・バリューパックみたいなのが出るらしいけど、待てなくなりそうですよ。
Posted by ペインター at 2006年09月18日 13:37
SEGALABS.comに行ってみたらば、英語版公式サイトでした。チャプター機能未実装なので、アメリカ発かと。しかし、日本も最近は全然負けていません。ていうか、でじ、出てたよね?(笑)
Posted by そら at 2006年09月19日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック