2006年12月12日

ドラゴンクエスト最新作はDSへ

元記事:ITmedia +D Games
「ドラゴンクエストIX」ニンテンドーDSで登場

 ついに本命が動いた。ドラゴンクエストの最新作がニンテンドーDSへ。これで、PS3のFFとは袂を分かつこととなった。国民的RPGにふさわしい結果が出せるのはどっちだ?
 それにしても時代は動くものだ。いくらDSが売れているといっても、これまでは、RPGの主戦場はあくまでも据置型のゲーム機であり、携帯ゲーム機は過去のRPGの移植やリメイク、外伝的作品ばかりだったのだ。RPGは画質重視、とされてきたところへ、その代表格であるドラクエが画質を捨てた意味は大きい。しかも、オンライン機能を活用した協力や対戦が採り入れられるという。
 発売は2007年中を予定しており、これからの情報に期待したい。
posted by Dr.K at 21:06| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通に携帯機や据置機の中で、普及率が高く、開発に易く、新機軸をいっているのがDSだっただけって考え方もできますよね。次世代機で何を買うかを検討する際に、いろいろとレビューを見ますが、PS3やXbox360なんかは画質や演算能力ばかりで、ゲームありきではないのですよね。そこいくとDSやwiiは、ゲームありきでハード開発しているから、今現在絶大の支持を得ているのだと思います。ぶっちゃければ、美しい映像を見たいわけではなく、ゲームで遊びたいということなのではないでしょうかね、まさに原点回帰!!もちろん美しい描写を否定するわけではないけど、それはゲームを盛り上げる手段の一つに過ぎないということを最近感じます。そしてもう一つのファクターがWI−FIでしょうか。従来のスタンドアローンなRPGではなく、参加して共同もしくは対戦して遊ぶRPGというのは、MMORPGなんかが人気があるのだから、むしろ時代の流れに沿っているとも言えます。いつでも、どこでも、そしてみんなとRPG・・・究極かもしれません。とにかく、いろいろな意味でドラゴンクエストは要注目ですね。
Posted by ペインター at 2006年12月13日 18:22
Posted by Dr.K at 2006年12月13日 23:19
FC時代はゲームソフト開発ってドル箱市場だったと聞きます。そこいくと、最近のソフトは億単位の開発資金が必要だったりと、メーカーにしても苦しい限りでしょう。開発力を高めるための吸収合併なんかも、ありましたしね。そこいくと、NDSは渡りに船なのかもしれません。私の家族が持っているので貸してもらったりしますが、確かに面白いですね、単純だけど。 もっともSCEは戦略が後手後手すぎる感じがしますけどね。ネット環境とかは、XboxやNDSがかなり先行しているのに対して、PS3やPSPはまだこれからというお粗末さ・・・。先端行っているようで一番ケツだったりするかもしれないと思うのは、私だけでしょうかねぇ?
Posted by ペインター at 2006年12月14日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック