2006年12月15日

「龍が如く2」その2 喧嘩上等日記

5xwa_05b  「近江連合へ乗り込む準備はいいか?」と尋ねてくる大吾。
 その目の前で彼を無視して、ひたすら阪神ファン(推定)のゴロツキどもを次々に川へ投げ込んでいるのが俺の桐生だ。

 本作では、バトルシーンがいい方向にパワーアップ。特殊技のヒートアクションが多彩になって実に面白い。ベンチの背もたれにケツをブッさす「尻砕きの極み」とか、引っかけ橋いや違った巌橋から道頓堀いや蒼天堀へ投げ込む「蒼天の舞」とか最高。これらヒートアクションの一つ一つにもっともらしい技名がついているのもおかしい。
 以下、その流儀にならうと…
 実機に近くなったせいか、パチスロではすってばかりでど素人の極み。ゲーム中のバーでも高い酒には手が出せないというチキンの極み。持ち物制限がきついので、ザコを締め上げたときアイテムより現金をくれる方が嬉しいという守銭奴の極み。そして、キャバクラにリア・ディゾン似のキャバ嬢がいないかと期待するのはまさにエロ親父の極み
posted by Dr.K at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただのチンピラじゃないっすかwせっかくなのでうちもそろそろ入手しようと思います。
Posted by そら at 2006年12月16日 06:14
せっかく骨太のストーリーを用意してもらってるのに作者には申し訳ない次第で。とっととクリアして中古に売っている人もいるみたいですが、脇道が楽しめるのにもったいない話だ!
Posted by Dr.K at 2006年12月16日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック