2007年02月21日

SOS団、北米を制圧 −涼宮ハルヒの憂鬱−

 昨年放送の「涼宮ハルヒの憂鬱」が、早くもアメリカで放送中、とのことです。
 日本のテレビアニメが、翻訳されて各国で放送されるというのは、今に始まったことではありません。しかしながら、従来、そのクオリティは非常に低かったのです。その国の事情によるものなのか、子供向けとなめられているからなのかは分かりませんが、ひどい編集で別物にされたり、一部カットされたりといった扱いが日常茶飯事。そこで、海外のディープなオタク諸氏は、一生懸命日本語を勉強して、原語でアニメを鑑賞するようになるんだそうです。
 で、ハルヒなんですが、

The Melancholy of Haruhi Suzumiya

 これは大変ハイレベルな吹き替えと言えるのではないでしょうか。声質に違和感なし! みくるビームってのはその発音でいいのか(笑)
 背景のモデルとなった西宮市の各地に、アメリカ人の観光客が続々と訪れる日もそう遠くなさそうです。
posted by Dr.K at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させて頂いております。今回の内容ですが、もしかして…某ニュースブログを観ましたか? (そういえばあのブログもここで知りました。)
Posted by 即席ビル at 2007年02月22日 01:06
<a href="http://www.rinku.zaq.ne.jp/p_v/haruhi.html↑いつの間にかこっちも更新されてさらにすごいことになっとる。" rel="nofollow">http://www.rinku.zaq.ne.jp/p_v/haruhi.html↑いつの間にかこっちも更新されてさらにすごいことになっとる。</a>
Posted by Dr.K at 2007年02月22日 14:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック