2007年03月22日

かわいいキャラには棘がある 「エビザリ」その1

 卒業式の直前、学生から「海老っていうかザリガニ −懐かしき磯の香り−」(長いので以下エビザリ)一式を譲り受けた。今年の卒制展示会で異様に目立っていたあのゲームである。後輩に見せつけてよい、とのことなのでここでご紹介。
Cddqqzpr  いやはや、この初回特典(笑)の充実はすごいですな。パッケージにレーベル、インストカード、プロモーションムービー、そして未使用画像多数の画集。展示会の時はぬいぐるみもあったような。ゲームを作って置いてあるだけ、なんて卒業制作より300万倍好感が持てる。
 思えば、このチームのメンツは一年生の企画の授業から、一見無駄と思われることに多大なこだわりとパワーを費やして、制作を楽しんできた。そういう姿勢こそが、特に企画志望者には必要だといつも思う。
 ゲームは必需品ではない。だから、ゲーム作りという仕事をして、それほど世の中の役に立つわけじゃない。(時々、ゲームで夢や理想を伝える、などと言う者がいるが、クリエイターの胸にしまっておくべき傲慢な発言だと思う) 無用のものを、丁寧にこつこつ作り上げていくことに、価値を見出せるかどうか。そして、ただでさえきつい仕事だ。上に立つものが制作を楽しむ姿勢を見せなければ、チームのモチベーションは上がらない。

 「エビザリ」はその点をクリアできているので、卒業後プロになるO君には、これからも自信を持って、いらんことに力を注いでいただきたいと思う。

 で、肝心のゲームがなぜか横スクロールアクションときた! 内容については次。
〈続く〉
posted by Dr.K at 16:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピピッと興味が沸いた。続きが気になる♪次回を楽しみにしてます〜
Posted by とうま at 2007年03月22日 21:46
すばらしい紹介文ありがとうございます!!!発表会は力入れまくりましたからねぇwメンバーは毎日徹夜でした(゜▽゜;)発表できないムービーや塗りきれてないラフ画だけでも鬼のようにあり、そんな作業が楽しくて卒制は最高に面白かったように思いますよ。今ポテトマンは楽しく働いてますwマスター前ですが17時に帰れます(´∇`)最近は開発�の腕になろうと開発中のミニゲームの練習を無駄にしてます!(遊んでないですよwバグがあるとねぇ、ユーザー様に申し訳が無いΣ(='□'=)ですがまだまだヘタです(゜ーÅ)これからもこんな楽しみを見つけて雑用でもいいので制作に貢献する気持ちを忘れずに頑張りますよ!最後はカッコよく締めたつもりですwww@叉遊びに来ます!ポテトマンъ(`ー゜)
Posted by ポテトマン at 2007年03月24日 03:12
いらっしゃいませ。やはり制作過程は大変だったみたいですね。開発1の腕とは、いい目標だ。最低の腕だった私より活躍できるでしょう。
Posted by Dr.K at 2007年03月24日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック