2007年04月28日

切り札になるか? モノリスソフト

元記事:CNET Japan
任天堂、バンダイナムコからモノリスソフトを買収

 昨年3月末にバンダイとナムコが合併し、バンダイナムコゲームスとなってから一年あまりが経った。この間発売されたゲームは、合併前に開発した物ということもあり、今ひとつ変化が感じられなかったというのが正直なところ。
 しかし、ここへきてモノリスソフトを(戦略的に?)手放すとは興味深い。

 モノリスソフトは、特殊な設立経緯をもつ会社だ。
 彼らは、もともとはスクウェアにおいて「ゼノギアス」を開発したチームである。「ゼノギアス」は壮大な世界観の一部を表現したもの、と位置づけられており、スタッフは続編の開発を希望したが、当時のスクウェアはそれを認めなかったらしい。
 そこで、彼らは独立してモノリスソフトを興した。ナムコは資金を出し、モノリスを子会社とした。こうして、彼らが作りたかった「ゼノサーガ」シリーズは、ナムコの手で完結した。(いささか尻すぼみな展開で、やりたいことがどこまでできていたのかは分からないが…)また、その他のタイトルとして「バテンカイトス」「ナムコ×カプコン」なども手がけた。

 しかし近年、モノリスの立場は微妙になった。設立当初は、ナムコが苦手とするRPG部門の貴重な戦力だったものの、テイルズシリーズが乱作でも安定して売れる現在となっては、正直影が薄くなってしまった。
 モノリスを手放したいバンダイナムコ側と、RPGだけは作れない任天堂、双方の利害が一致しての今回の買収劇なのだろう。任天堂ブランドで出た「バテンカイトス」は、なかなか良い出来だったと聞いている。モノリスソフトの今後のゲームに期待したい。
 …と思ったら、次回作はWiiで「ディザスター」という謎のゲームを作っているらしい!
posted by Dr.K at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック