2007年06月02日

廣岡政樹最新作 −死角探偵 空の世界−

 「死角探偵 空の世界」とは、PS2で9月発売予定の探偵ものアドベンチャー。主人公の空(くう)は、他人の強い感情を、「視覚の欠片」として見ることが出来る超能力者で、この力を駆使して謎を解いていく。
 ファミ通に速報が載っただけで、公式サイトもまだなのだが、こいつは驚いた
 似たようなアイデアを昔考えたことがあったので、やられた! という感覚がまず一点。
 そしてもう一点は、キャラデザが廣岡政樹であるという点だ。
 廣岡政樹と言えば、「アヴァロンの鍵」「三国志大戦」といったカードゲームで見せた、重厚なイラストが印象的。それが今回はアドベンチャーゲームのキャラを担当、しかもギャルゲーばっかり出してるブランドで! しかし心配ご無用。絵柄は変わっても、知的に憂いを帯びたキャラの面差しは健在で、あとはストーリー次第というところか。続報に期待したい。

BackFire
posted by Dr.K at 10:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまのところ キャラデザインとメインビジュアルのみの参加です。原画はアニメーターさんが描いてます。
Posted by 中の人 at 2007年06月03日 07:04
なんとなく「塗りが違うなぁ」とか思ってたんですよ。 活躍の幅が広がっているようで、何よりです。 しかし知人の作の紹介って難しいですね。ヨイショするのも変だし、批判しても偉そうだし。
Posted by Dr.K at 2007年06月03日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック