2007年06月04日

「地球へ…」09 届かぬ思い

 とうとうマンガ版第二部相当の部分が終了。
 絵はきれいなのだがとにかく動いてねぇ。スケジュールか人員かが相当ギリギリなんじゃないだろうか。第一部でそれほど重要でない戦闘シーンを動かしている暇があったら、今回のキースによるシロエ追撃シーンをもうちょっと動かして欲しかったところ。この場面こそ前半のクライマックスなのだから。
 文句が先になってしまったが、今回はよく出来ていた。動かせない代わりに(?)演出の工夫でカバー。ジョミーのセリフをステーションの生徒に語らせる場面や、追撃中にヘルメットで遮られるキースの顔など、なかなかうまかった。エンディングもスペシャルバージョンで、シロエファンも納得。
21wwgsiu  さて、アニメでは熱に浮かされたようになってしまったシロエだが、原作では最後の瞬間まで強気。図は、キースの出生をあざ笑う印象的な一コマだ。彼はとにかく名セリフが多い。アニメで使われなかったシロエ宣戦の言葉を、以下引用。

ぼくは生まれ故郷が好きだった
もう今では覚えていないが
…光も…空気も…両親もだ

それを取り上げたのが成人検査だ
それだけは忘れない!
イライザの甘い言葉も説得も
たとえESP検査だろうが
ぼくからこの記憶を消すことはできない
…消させない!!

マザー・イライザも努力はしたのさ ぼくを説得しようとね
だが だめだった
マザーはぼくの意志に勝てなかった
ぼくは …生まれてきたからには
自分の意志で …自分の運命を 選ぶと……決めていた


 この演説が、意志と決定を機械任せにしている異常を、これでもかと浮かび上がらせる。諸君は、意志決定を他人任せにしてはいないか?
posted by Dr.K at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、地球へ…は見ていますが、これから面白くなっていきそうなところへ、ガンダムの予告が突然始まったんですが・・・もしかして、もう終わりなんですかね?
Posted by にら at 2007年06月05日 12:22
ガンダムは10月期開始らしいですよ。
Posted by Dr.K at 2007年06月05日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック