2007年08月06日

単位の安売りはいたしません

 休日に学校から電話があると、出勤を忘れたんじゃないかと思ってひやひやするよな!

 本日は、追試対象者発表の日。その件で、学生から問い合わせがあったらしい。課題は全部出したはずなのになぜ落ちているのか、と言いたいらしい。
 もうね、彼一人の問題じゃないから言っとくけど、課題を出しさえすれば通ると思ってる奴多すぎ。そんなのは小学生までだろ。課題を出すのは当然であって、その後採点されて成績がつくの。基準以下ならたとえ出しても落第なの。
 ましてや、私の担当科目は、虫食いのプログラムを埋める等の、誰でも同じ結果になるタイプのものではない。個々の工夫と技量が問われる内容で、しかも卒業年次の科目だろ。考えた跡も努力の跡も見られない落書きに単位はあげられません。そうでないと、ちゃんとやっている大多数の学生がバカみたいじゃねーか。
 まあ実際には、課題を出しさえすれば通る科目、多いんだけどね。それが当たり前と思ってナメた態度とる学生はやっぱムカつく。オレがマッチョやなくて良かったな(KIRISUTE GO MEN参照)とか思う。
posted by Dr.K at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック