2007年08月09日

本屋に行って来ました

 仕事帰りに、梅田の某大型書店に立ち寄ったのですが。

 そこで、ちょっとすごいものを見てしまいました。
 スーツを着たサラリーマンがラノベコーナーに陣取っていたのですが、平積みになっている新刊をほぼ全部、どんどんカゴに放り込んでいくではありませんか。その作業がまた変に機械的で。普通、もうちょっと選ぶか確かめるかするんじゃないでしょうか。
 たくさん買うといっても、通常は、思い切ってシリーズを全巻一度に買ってみるとか、脈絡があるものですが、この人の場合、そういう感じでもなく。
 レジで、スーパーで食料品をしこたま買い込んだかのように、数十冊の本がバーコードを読みとられていく様は、実に壮観でありました。
 彼は何者だったのでしょうか。ひょっとしたら、新刊をすべて読んで書評を書かないといけないライターさんだったのかもしれませんね。
posted by Dr.K at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック