2007年08月12日

ロボコン

 ロボコン(ロボットコンテスト)といえば、いつの間にか高専や工業高校にとっての甲子園的な位置づけになっておりますが、もともとはNHKの特番「アイデア対決ロボットコンテスト」が評判になったことに端を発し、その頃には確かアメリカが本場。マサチューセッツ工科大という名前を、私はこの番組で覚えたのでありました。

 映画「ロボコン」の公開は2003年と、比較的最近です。しかし、題材のせいか、舞台のせいか、妙にノスタルジックな味わいの出来になっており、映画初出演の長澤まさみがばっちりはまってます。というより間違いなくこのときが旬。もう断言しますが、彼女は現代設定のドラマには出ない方がよろしい。今こんな子いないんだよな〜という、時代ハズレ感こそがこの人の存在価値なんで。
 脇を固めるキャストも、小栗旬に伊藤淳史に塚本高史、と後にテレビドラマで活躍する面々がそろっているのですが、この作中での小栗のオーラのなさは異常であり、後半になるまで小栗と気づかない有様。逆に、荒川良々とうじきつよしは、脇のくせに目立ちすぎなので自重すべき。

0uig28tr  普通高校を出て文系に進んだ私にとって、本作の舞台である高専や工業高校のロボット部というのは憧れの世界。ドラフターを操って製図し、工作機器で部品を作る、体験した人には笑われること必至ですが、これはもうロマンですわ
 また、ロボコンの試合がいい感じに再現されていて、感情移入度が高まります。序盤の試合で、勝つには勝ったが、相手のロボのほうが面白くて観客人気をさらう、という展開があるのですが、これは相当ロボコンに入れ込んでないと出てこない脚本だと思いました。

 若者が一生懸命になるというテーマは、どうしてもスポーツものに偏りがちですが、知性と鉄の臭いが充満したこんな題材も、たまにはいいんではないでしょうか。

出演者出世度 10
恋愛度    1
青春度    8
個人的総合  7
posted by Dr.K at 20:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長澤まさみの映画初出演はクロスファイアだったと思いますよ。
Posted by こうもり at 2007年08月19日 15:27
「ロボコン」は初出演じゃなくて初主演でした。
Posted by Dr.K at 2007年08月19日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ロボコン
Excerpt: <br /> コチラの「ロボコン」は、高等専門学校のロボット部の生徒達が&quot;ロボコン(ロボット・コンテスト)&quot;で、奮闘する姿を描いた青春映画です。<br /> ロボットと言うと、「トランスフォーマー」のよう..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-08-29 22:54