2007年10月09日

DEA閉校に思うこと

DEA公式

 東京にあるゲームスクール、DEA(デジタルエンタテインメントアカデミー)が来年度の学生を募集せず、閉校を宣言した。

 同業の者としては、考え込んでしまう。少子化の折、廃業する学校が出てくるであろうことは、とっくに予測されていた。しかし、都心の、しかもこの学校が早々に閉校とは驚かずにはいられない。
 何しろDEA、並みの学校ではないのである。ゲーム企業を中心に二十数社が出資する強力な運営体制、著名な業界人を多数含む講師陣、そして何より卒業時のゲーム企業への就職が90%を越えるという抜群の実績。
 つい先日のCESA日本ゲーム大賞でも、アマチュア対象の10部門のうち、実に5部門をこの学校の学生が独占。実力の付く学校として一目置かれる存在なのである。
 この学校は、他の多くのスクールと同様、誰でも入学できるシステム。にもかかわらずこれだけの実績を残せるのは、学内で厳しく充実した教育が実施されているからだそうで、課題をクリアしない者には進級も卒業もさせず、結果として入学者の約半数は修了ができないらしい。プロを育てる学校として、これ以上正しい姿があろうか

 このような理想的とも言える学校が、入学希望者の減少から閉校せざるを得ない、というのはいかにも残念だ。大学でゲームを教えるところが増えてきた、ということも原因だろう。ゲーム業界に夢をもつ若者が減った、ということも原因かもしれない。
 しかし、そんな中、CMをガンガン打って知名度アップに励み、甘い言葉で学生を集め、実は中では大した教育が行われていない、というような学校ばかりがしぶとく残っていくとすれば、そのときは私も仕事にプライドが持てないので廃業っちゅーことになる。そんな日が来ないことを今は祈るばかりだ。
posted by Dr.K at 23:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

DEAの閉校が語る事
Excerpt: 先日ゲームスクールで数々の業界人を輩出してきたデジタルエンタテインメントアカデミーが閉校の発表があった。<br /><br />DEA(デジタルエンタテインメントアカデミー)公式サイト<br /><br />正直か??.
Weblog: ゲーム業界 日々是精進
Tracked: 2007-12-05 15:34