2007年12月20日

ちょっとこのスレを見てくれ

 どう思う?

「やる夫が小説家になるようです」(ハム速2ろぐ)

 提示される文献がプロ仕様に感じられてびびったら、スレ立て人は編集さんだった模様。それなら納得。

 私の授業の課題では、ストーリーを書かせることがあるが、良くできている者には共通点がある。それは、映画を観たり本を読んだりした経験が豊富ということ。初めて書いた小説がこれかよ、天才じゃねえのか、と思う学生が年に一人は出る。
 一方で、シナリオや小説を書きたい、と公言している者の作で、ひどい文章が結構あるんだよねぇ。限られた作家しか読んでない、つまり、圧倒的に読書経験が足りないわけ。いい文読んでなけりゃ、自信は保たれるのかもしれんが、それで伸びると思うなよ。

 なんと、来年度からシナリオの授業担当になるので、色々勉強中の身です。
posted by Dr.K at 11:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
浪人中にやたらと文庫本をノンジャンルで読みまくってたら理系で国語の勉強はほとんどしなかったにもかかわらず共通一次(年がバレる)で200点満点中185点をマークしたなぁ…# 間違えたのは古文の3問で現代文は全問正解。つーことで数を読むことで少なくとも読解力がつくのは確かだと思う。
Posted by まぁくん at 2007年12月20日 15:24
こっちはマンガしか読まねーから、国立受からんのよ、畜生め!しかし、今思うと、国語の試験なんて、解読が試験になるくらい悪文だったという見方も出来るな。
Posted by Dr.K at 2007年12月20日 15:53
英語が散々だったから、地方ですけどね… (汗まぁ、大学の国語試験はアサヒる朝日の天声人語が試験によく出るくらいですからね〜毎日、新聞の社説をノートに手書きで写すのは漢字を覚えるには有効なんですが。あと物書き目指すのでしたら、新聞社説の様な毎日6百〜8百字程度で起承転結のある文書を書くってのはいい訓練。漫画家めざすのでしたら、16Pの短編を月に2,3本は描く様にすると。とりあえず最初は数をこなさないとね…んで、こういう基礎を繰り返し真面目にできない人は何をやっても駄目なんですよね〜# スポーツなら素振りや筋トレに相当するのかな?好きな仕事ってネタにも絡みますがこういう基礎をまともにやらない輩はいくら好きでも大成しないと。特にゲーム関連は必要な知識/スキルが多岐に渡りますから大変だとは思いますが… (^^;;;
Posted by まぁくん at 2007年12月20日 18:02
入試の英語は自身の読書量による推測で乗り切った馬鹿者です。ところどころの単語がわかれば大体どんなことを言っているのか推測できるので。それにしても文章かあ。友人が月刊ファ○通ブロスってトコでゲーム紹介してたけど、あの少ない文章でゲーム紹介を書くってスゴイ訓練になった、とか言ってたなあ。しかしなかなかいいスレッドですな。勉強になった。
Posted by ぴろあき at 2007年12月20日 19:48
お、ぴろあき氏だ。 その友人ってのは、良いライターさんですな。某誌なんか、開発が書いた資料の丸写しで…
Posted by Dr.K at 2007年12月21日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック