2007年12月22日

珍品堂が勧める2007年のTVドラマベスト3

Qb3ispea  視聴率絶好調の「ガリレオ」を毎週見ていたのですが、第一話で巨大な野外セットを組んで大実験を映像化できたのに、どうして最終回が爆弾コントなんですか。次回の視聴率への影響が無くなったら、もう適当でいいってことですか。視聴者なめんな。
 気を取り直して、良作を振り返りたいと思います。

第3位 「ハケンの品格」
 今日的なテーマである派遣社員。現実的な部分とぶっ飛んだ部分、うまくバランスをとって仕上げていると思います。篠原涼子と大泉洋の口喧嘩が毎回楽しみでした。

第2位 「パパとムスメの七日間」
 オヤジ演技をがんばる新垣結衣もかわいいのですが、女子高生化した舘ひろしの怪演が神域に達しています。舘かわいいよ、舘。

Ezphmtod 第1位 「歌姫」
 長瀬智也が都合3役を見事に演じ分け、名俳優の貫禄を見せつけました。なんてこった、ジャニーズのくせに!
 元が演劇だけあって、最終回までしっかりと構成された完成度の高さにまず好感。最近のテレビドラマは、ながら見の視聴者を考慮してか、とことんセリフで説明してしまう物が多いですよね。しかし「歌姫」は演技で見せ、視聴者の想像に任せる部分が多い、粋なドラマであったと思います。
 まっこと、グッときたぜよ!
posted by Dr.K at 16:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガリレオは原作を読んでないんでなんともいえませんが、私は結構面白いと思いましたけどね。ただ、ほかの回は全部実験で現象を実現していたのに対し、最終回はさすがに東京が消し飛ぶ爆弾を爆発させるわけにはいかず、視聴者の想像に任せるしかないああいう内容になってしまったんではないかと。得意の映画化にもってくればもう少し違った見せ方を出来ていたのかも。ちなみに、私はランキングの作品はどれも見ていません。見たのは「ガリレオ」「バンビーノ」「風林火山」だけでした。
Posted by Sash at 2007年12月22日 18:03
おっしゃる通り、そこまでは毎回結構面白いんです。ゲストも豪華だし。最終回もいつも通りで良かったのに! はぁ。
Posted by Dr.K at 2007年12月25日 21:13
私も勝手にランキングしてんですけどドラマ部門はもちろん歌姫でしたよ〜!!てか先生が面白いって言ってたから見たんですけどばりばりハマリましたね!!小池栄子の「へば!」とか。長瀬があんなに演技うまい子とは思わなかったですよとにかく号泣でした。まっことです。しつこく自慢しますが、ジェームスは私の友達のいとこです。遠すぎですがいいんです。
Posted by グエングエン at 2008年01月04日 00:48
映像的に無理なのはわかりますが、最終回の現在のシーンで、偉くなったジェームスを見たかった気もしますね。
Posted by Dr.K at 2008年01月04日 11:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック