2008年02月07日

CS3が動くまで奮闘する日記 その2

 さて、用意した新PCには、OSとしてまことに評判の悪いVistaが入っている。その評判の悪さは、主に旧ハード・旧ソフトへの非対応によるもの。新しいソフトに新しいOSならば安心、と思ったらそうはならないのだった。CS3はVistaHome-Basic非対応ときた。なんという役立たずOS。

 そんなわけで、第一の作業は、XPへのダウングレード(笑)ということになった。インストールCDを開くと

「このPCは最新のOSが入っているから、インストールさせないよ〜ん」

という旨のメッセージが出て、まことに腹立たしい。どうせ何も入れてないPCなので、クリーンインストールを実行して黙らせる。それによってすべてのドライバーが吹っ飛ぶが、それは想定の範囲内というものである。
 ところが、ネットワークアダプタ(LAN)が認識しないのには参った。ドライバー類は、PCや部品のメーカーからダウンロードして入手できるのだが、ネット自体がつながらないのではお手上げ。
 結局、元の持ち主にドライバーの在処を教えてもらうことになるのだが、このPC、OSが認識しない特殊仕様の部品が多すぎやしないか。DELLはこれでよく初心者に売ろうって気になるよな。
posted by Dr.K at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック