2008年02月26日

空を飛ぶ夢再び…「Nights into dreams」その1

 面白いゲームというのはいくつもあるが、こと感動の名作となると、私にとってはこの一本ははずせない。
Llyc7iqe  というわけで、PS2版「ナイツ」を予約購入した。もちろんナイトピアドリームパック(絵本つき特別版)の方である。
 セガサターンで「ナイツ」が発売されたのは96年のこと。PS2版は、11年を経て初の移植版となる。プレイしてみると、さすがにムービー部分は今だったら学生でもこのくらいは作るんじゃないかという素朴さだが、ゲーム部分が全く古びていないのが意外だった。この11年、似たゲームがほとんど作られなかったことに改めて気づかされた。(Wii版ナイツは未プレイ)

 最終ステージから結末までは、ゲームならではの演出方法でプレイヤーをひきこむ。当時、明日をも知れぬ無職の身で、涙ながらにエンディングを迎えた私に、11年後はそれなりに働いて幸せにやっていることを伝えてやりたい。ナイツはいつも私たちのそばにいる。
posted by Dr.K at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック