2008年03月27日

オンライン対戦が熱すぎる!「もじぴったんWii」その2

 全国対戦もランクが上がってきて、だんだん強い相手が増えてきました。それに伴って勝率も下降中。とりあえず6割はキープしたい。
 このゲーム、個人情報としてMiiが使われるのですが、それがまた面白さに一役買っている気がします。例えばPCでオンラインゲームをする際に使うハンドルネームやキャラの姿は、そのゲーム内に限って使われるもので、わりと匿名性が高い。ところが、Miiの場合は実名に近い名前や似顔絵で、まんま出てくる人が多い。これがどんな人か想像させる要素になって、なんとも不思議な感覚です。
 以下、印象に残った対戦相手を紹介。

 いきなりスネーク登場。あの「メタルギアソリッド」のスネークをMiiで忠実に再現。これはインパクトあるわ。でもゲームはミジンコなみの弱さ。スネ〜〜ク! しっかりしろ。スネ〜〜ク!

 続いて、女性キャラ登場。とは言ってもあくまでMiiが女性というだけであり、中の人は何者かわかったもんではない。…と思ったけどこれ本物だわ。「おうしざ」とか「コスメ」とか作ってくる。さすが。

 ママ。名前がママ。主婦が相手なら楽勝、と思ったら大間違いで激戦の末負け越す。しまった、奴の名はママ。つまりこれは、Wiiスポーツをプレイするために全員のMiiを作ってしまうような家族ユーザー。きっと向こうのテレビの前では、パパや息子がアドバイスを送っていたに違いない。

 いやもう、WiiWare始まりすぎだろ。
posted by Dr.K at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもはじめまして。フラフラとネットサーフィン中にこのブログに行き当たり、アーカイブをちょろちょろと読んでいたら、気になる文章に行き当たったのでコメントさせてもらいました。もじぴったんWii発売当初、スネークMii、ミジンコ並みの弱さ…。きっと、というか間違いなく、それは僕ですね。スマブラ用にスネークのMiiを一時期使っていました。ほぼ匿名のネット対戦を1度対戦しただけの方と対戦とは違うところで再び出会えることに驚きました。ネットって面白いものですね。
Posted by ひも at 2008年06月25日 02:07
本当に一度きりの対戦だったのに、よくぞお越しくださいました。なるほど、スマブラ用ですか。 また何かで対戦の時はよろしくお願いします。
Posted by Dr.K at 2008年06月25日 07:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック