2008年08月06日

アメリカンクソガキ青春日記 「BULLY」その3

キスは黒い策謀の味

 その昔、「ときめきメモリアル」では、キスはすなわちエンディングを意味していた。以来、和製の学園ものでは、キスはとても重要なイベントとして神聖視されてきた…ような気がする。

 しかし、「BULLY」は違う。アメリカのプログラマーの思考回路は全く持って謎だが、なんと、キスも単なる見せ物ではなく、システムに組み込まれている。
 ケンカ三昧の主人公、ジミー。体力が0になれば当然負けである。体力の回復手段は、ソーダを買うか、キスかの二択。もう一度言おう、キスは回復手段なのだ。しかも、ソーダでは100%までの回復となるのに対し、キスでは最大200%まで体力がアップ。これはもうキスを選ぶでしょ。
 さらに、キスは「美術」の授業をクリアしていくとどんどん効果がアップ。それにつれて、表現がどんどんディープキスになるあたりの、無駄な作り込みにたじろぐ。最終的にはプレゼントも不要になり、ソーダの方はほぼ用なしになる。
 以降、キスで体力を蓄えてはミッションに挑む、という流れになるのだが、やっぱりキスはアイテムみたいに割り切れない。ジャイ子じゃなくて美人を選びたい、と思ってしまうのが我ながらおかしい。
 適当にキスして回っていると、女の子同士がジミーを取り合って修羅場になったり、「あんたサイテー」とばかりに平手打ちを食らったり、というリアクションの豊富さには感心するが、何人か男も落とせるようになっているのはやりすぎではないか。

posted by Dr.K at 09:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
去年ロスで出会った外人プログラマーの方が
魔女神判を買うかどうかで嫁と喧嘩したり
Wiiのドラゴンボールをみて イッツクール!イッツクーーーール!!
って言ってたのを思い出しました。

それはともかくとして例の職業病によりゲーム離れしてるボクですが
久しぶりにやってみたいと思うゲームですねBULLY!
Posted by れいん at 2008年08月08日 01:25
いらっしゃいませ。
先ほどクリアしたミッションで、またも強制的にジャイ子とキスだ! 嫌がらせか!
Posted by Dr.K at 2008年08月09日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック