2008年10月02日

体験するパニック映画 「DISASTER」その2

 某掲示板で、「DISASTER」を説明するのに、「MGS4をゲーム化したもの」と書いた奴がいる。なんてひでぇ物言いだ。
 
でも、「メタルギアソリッド」との比較はなかなかいい着眼だと思う。どちらも、現代に近い舞台で、テロ集団に単独立ち向かうという設定は似通っている。また、ストーリーデモとアクションパートとを交互に進めていく流れも共通する。
 しかし、その作りの方向性は大きく異なる

 まず、アクションパート。
 「メタルギアソリッド」は、アクションパートの中で、逃げ隠れ、戦うなどの様々な行動ができる。このことが自由度を生み、プレイの幅を広げている。反面、操作が複雑であり、プレイヤーは容易に正解にたどり着くことができない。
 一方、「DISASTER」は、レスキュー、脱出、戦闘、探索、カーチェイスなど、行動の種類は多いが、そのときすべきことは常にどれか一つに限られる。例えば、レスキューの時は、それ専用のモードとなり救助に専念、戦闘の時には完全にガンシューとなって移動すら行わない。シンプルなゲームを次々にクリアしていく感覚で進めることができ、操作も容易で、ライトなユーザーにも取っつきやすいのがうれしい。
Disaster02

 ストーリー性にも違いがある。
 「メタルギアソリッド」は、映画的なストーリーと言われるが、実は、小島監督の個性が色濃く出た、変則的な物語だ。
 それに対し「DISASTER」はどうかというと、アメリカ映画のお約束を連発する、オーソドックスなストーリーである。どっぷりはまる、という感じではないが、テンポが良くてのりやすい。

 以上より、「DISASTER」は、かなり一般層を意識したゲームと言えるだろう。しかしながら、見た目が洋ゲーの三人称シューティングのような印象なので、いまひとつアピールできなかったということはあるかもしれない。
 なお、ハードモードは非常に厳しい難易度であるし、スコアアタック、武器パワーアップなどの要素も充実しているので、本格ゲーマーの諸氏ももちろん楽しめる。
 シチュエーションの楽しさを語り合うためにも、もっと多くの人にプレイしてもらいたいというのが本音である。

posted by Dr.K at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック