2008年10月17日

プリンセス破天荒

Hatenko  田中圭一を知ってるかい。平日はおもちゃメーカーやゲーム開発会社やIT会社に勤めつつ、休日はお下劣なマンガを描いて雑誌に載せるという、余人には真似しがたい二足のわらじ生活を続けている、奇跡の人だ。
 この夏発売の新作「プリンセス破天荒」は、ゲーム業界が題材。氏のゲーム開発経験が隅々まで生かされ…ているのか、これ。もともと、手塚そっくり絵に始まって、本宮ひろし風、福本伸行風など、好き勝手に他人の絵柄で描く作風が特徴。本書では、新たに西原理恵子もマスターしたらしい。 Hatenko1_2
 ↑内容的には…いろんな意味でギリギリ。各方面から目くじら立てられるほど売れてないのが強みか(笑)

posted by Dr.K at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ現役なのね、ほんま下品でおもろいすよね、この人の漫画。
読みたぁーい!
プラス神罰も貸してくださいよ〜
Posted by グエン at 2008年10月21日 23:26
了解しました。別の新刊では、なんと感動できるらしいぞ。
Posted by Dr.K at 2008年10月22日 07:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック