2008年10月19日

秋の夜長にボンクラ映画

 映画の愉しみというのは、なにも一級の名作にだけ許されたものではありません。「これ、大丈夫かな?」という小品に料金を投じ、見事に当てたときのしてやったり感。これもまたたまらんのであります。最近公開のものだと、例えばこんなのはいかがでしょうか。

僕らのミライへ逆回転
 レンタルすべきビデオを誤って消してしまった店員が、自分たちで映画をデッチあげてなんとかする、という愛すべきアホらしさの小品。案の定、GONさんも絶賛しているので、しょーもなさすぎる題名に負けず、観に行くことができそうです。しかし、ゴーストバスターズやロボコップも、すでに古典扱いなんですね!

ICHI
 勝新、たけしの後、綾瀬はるかが座頭市をやるなんて、誰が想像したでしょうか。ストーリーはまじめなのかもしれませんが、この突き抜けた設定は邦画には珍しいです。すっかり怪人役が板に付いた中村獅堂はじめ、キャストの安定感も抜群です。

デスレース
 伝説の悪趣味映画がまさかのリメイクですよ! タフガイと美人がアメ車で殺戮という、頭のてっぺんまで筋肉が詰まった特A級のボンクラ映画です。予告編の時点で、主人公のマッチョぶり、無駄に美人なヒロイン、名車から武器がニョッキリ生えた頭の悪いデザイン、BGMがギンギンのロック、という完璧な組み合わせで目眩が。これはひどい、絶対に一人で観ないと!

 いや〜、ほんと、この秋はボンクラ映画が豊作で嬉しい限りです!

posted by Dr.K at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック