2008年11月10日

愛と闘いの日々 「レッスルエンジェルスサバイバー2」その3

 「レッスルエンジェルスサバイバー2」の、前作からのバージョンアップは、キャラの追加やシステムの変更と言った、目に見える部分だけではない。経営・育成・試合それぞれのゲームバランスが見直されているところも見逃せないポイントと言える。

 さて、団体の運営を軌道に乗せるには、設備の向上が必要。知名度アップのために宣伝も打ちたい。チャンピオンベルトを作って、タイトルマッチで盛り上げたい。しかし、いずれも1000単位のポイントを必要とする。
 ようやく黒字にはなったものの、月々の利益が数十ポイントという今の状態では、何年貯金しなければいけないか、見当もつかないほどの遠い道のりであり、今後も毎年ドルフィン早瀬の泣き落としに屈する予定であることを考慮すると、その道のりは無限に感じられる。この道はいつか来た道、ああ〜そうだよ〜赤字へと転落する道だよ〜

 しかし、このピンチに孝行娘が現れてくれた。
Waschar050
 我が団体のエース、柳生美冬に写真集発売イベントが発生し、大いに稼いでくれたのである。前作と違って写真撮影のイベント絵がないのは気に入らないが、団体のためを思って慣れないアイドル活動をしてくれる献身ぶりには目頭が熱くなる。
 他が育ってきたら、闘いに専念させてやるからしばらくがまんしてくれ、と思ってふと横を見てみると、コスプレ富沢は深夜アニメを見てあくびばかりしている体たらくで、当分代わってもらえそうにない柳生なのであった。

posted by Dr.K at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック