2009年02月16日

ツッコミエディタ配布希望 「珍道中!!ポールの大冒険」

Cpd01_2

「珍道中!!ポールの大冒険」公式

 セガはアカン。

 Wiiware(Wii用ダウンロードタイトル)で、レトロ風味新作をリリース、という流れは確かに来とる。「ポール」もまた、そういう一本や。
 ところが、コナミの「グラディウスリバース」もカプコンの「ロックマン9」もまじめに作られとるゆーのに、なんやこのふざけた作り方は。
 ヌルいステージにしょぼいアクションに寒いツッコミボイスにテロップか。こんなんで500円取るつもりか。

 ええぞ、もっとやれ。

 「ポール」は、ステージ中にネタが仕込まれているのを発見・収集するアクションゲーム。しかしながら、ゲーム中の芸人のツッコミを素直に受け止め、「笑える」とか「笑えない」とかもごもご言うとるのは、プレイヤーとしてもまじめすぎやせんか。
 ほらほら、ツッコミボイスのないところにこそ、なんぼでもつっこみ所があるやんか。

 起動した瞬間に♪セーガーって。メガドラかっ!

Cpd02
 「許さんぞ密猟者め」って。「ルナーク」かっ! しかもそれタイトー
 「ぶじで いてくれ」を「生きてい てくれ!」(byデコ)にしなかったのは最後の良心か。

 う〜む、帽子にたすきがけのドット絵、どっかで見たような…
Cpd03
 「チャレンジャー」だった! それハドソンやん。
 キノコでパワーアップしたと思ったら、1upはスペシャルフラッグ。それはナムコや!
 日本ステージまで来たら、「オバQ」か! 「忍者くん」か! と忙しい。

Cpd04
 色々と手遅れ。

 全体に、ステージ間のストーリー部分の方にツッコミ所がありすぎ。牛も密猟者も出ないでゲーム終わりかい! エンディングの投げっぷりも見事。
 セガへの要望は決まったわ。ツッコミを自作できるエディタの配布を希望。実現すれば、「リトルビッグプラネット」を…越えるわけないやろ!

posted by Dr.K at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック