2009年04月23日

圧迫面接がなぜか話題に

 就職活動シーズンのせいか、圧迫面接が方々で話題です。今年始まったわけでもあるまいに。

J-CASTニュース
痛いニュース
島国大和のド畜生

 ちなみに、ゲーム業界等において、「お前の提出作品はダメだ」と面接で言われるのは、大変こたえますが、こういうのは圧迫には該当しません。私の場合は、素晴らしい会社だったので、内定をくれてから、「作品は全然ダメだった」との評価をいただき、入社するやいなや才能の無さを宣告されました。うわ〜い。
 人事の方におかれましては、このような世論にくじけることなく、がんばって厳しく面接していただきたいと思います。だって、甘い試験で通したら、後で現場から、「いつもいつも使えねー新人よこしやがって」とか圧迫されてるに違いないんですよ?

posted by Dr.K at 08:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Well written article.
Posted by Olive at 2009年04月24日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック