2009年05月27日

ドラマ「白い春」で、阿部寛と遠藤憲一がWiiSports対決

 ドラマの中に、小道具としてビデオゲームが登場することがある。それらは大抵、単なる「子供が遊んでいる」風景の演出に過ぎず、ゲームソフトが何だったか、などということにはほとんど意味がない。
 ところが、先日の「白い春」は違った。ゲームを見事に生かしたシナリオとなっていたのである。
 パン屋の娘、さち(大橋のぞみ)が、自宅に友達を呼んでパーティーを開く。さちは、「WiiSports」を取り出し、「テニスやろうか」と言う。そして、ダブルスで対戦しようとするが、人数が一人足りない。さちは〈おじさん〉を呼ぼうと言う。
 ここで〈おじさん〉と呼ばれる春男(阿部寛)は、今でこそパン屋の従業員だが、殺人の罪で服役していた元ヤクザ。その経歴ゆえに、さちに実の父であることを隠しているのだ。
 春男に来てもらいたくない佳奈子(白石美帆)は、「ボーリングにしたら」などという。脚本家が「WiiSports」を熟知しているからこそ出てくるセリフだ。
 結局、春男を呼ぶことになり、さちは無邪気に喜ぶ。ここで映ったゲーム画面に爆笑した。
Siroiharu
ちゃんとMiiが作ってあるじゃないか。しかも阿部ちゃんのだけえらく似てる(笑) 絵心のあるさちが、事前に一生懸命作ったのかも、などと想像してしまう。
 だんだんゲームが白熱してきて、はからずも、育ての父VS実の父の意地をかけた戦いになってくる。元ヤクザ役の阿部寛と、こわもての遠藤憲一が、大まじめにリモコンを振り回す図は、もう最高。ゲーム画面の中も、ネット際のスマッシュ合戦になっていてすごかった。
 ドラマの中で、これだけゲームが自然に、かつ効果的に使われているのは初めて見た。
 任天堂はこのドラマのスポンサーではないが、これを見て「WiiSports」が欲しい、と思った視聴者も多かったのでは。

posted by Dr.K at 22:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
<a href="http://sirube-note.com/scenario-writer/" rel="nofollow">http://sirube-note.com/scenario-writer/</a>

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
<a href="http://sirube-note.com/scenario-writer/link/register/" rel="nofollow">http://sirube-note.com/scenario-writer/link/register/</a>
今後ともよろしくお願い致します。
gIuwsihN
Posted by sirube at 2009年05月28日 01:10
こういう使われ方は本当にうれしいですね!
ドラマ自体は未見ですが、こういう演出があるくらいなので面白そうです。
Posted by at 2009年05月28日 03:18
「白い春」WiiSportsで検索したら、このページがヒットしました。私もテレビの前で笑い転げました(笑)。
これからもブログ更新、頑張ってください!
Posted by 通りすがり at 2013年11月15日 14:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック