2009年07月31日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 その1

※今回はネタバレ抜き。公開が済んでからもう一度感想を書く予定※

 いやいやいや、これ本当にあと2本作るの? 無理でした、といって監督が逃亡したり、次回の途中から実写になったりしても許すわ。

 さて、ヱヴァ・破も公開からしばらく経ち、ファンで埋め尽くされていた映画館もそろそろ空いてきた…かと思ったら夏休みの到来です。学生の団体、カップル、ファミリーと多彩なお客でにぎわっていました。しかし、人気があっていいねぇ、という気持ちは、本編を見終わるや粉々に吹き飛びました。
 ここで、この映画をこれから観よう、という人に警告を発しておきます。

 まず、家族連れで観ようと言う人。エヴァ世代もいい歳になり、妻子ある身になった人も多いことでしょう。しかし、悪いことは言いません。おとなしくハリー・ポッターにでもしておきなさい。ご子息がどんだけショックを受けても、責任は持てません。

 次に、カップルで観ようと言う人。さあ、大博打の始まりです。面白かったとか言い出す彼女は、相当の手練れです。唖然として感想も出ない彼女は、しっかりフォローしてあげましょう。なんという悪趣味な映画だと怒り出す彼女は、いまどき珍しいしっかりした規範をお持ちの方ですから、絶対離してはいけません。
 なんにしても、いい雰囲気になる可能性は金輪際ない映画ですから、そのへんをご了承の上観るかどうか決めて下さい。

 最後に、友達と観ようと言う学生諸君。おめでとう、あなたが勝者です。しかし、ベラベラとネタバレ考察をしゃべりながら待ち時間を過ごすのはやめて下さい。初めて観る、という人も周りにたくさんいるので、そこんとこどうかヨロシク。

posted by Dr.K at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック