2009年11月05日

祝・1000回突破「ねぎ姉さん」

Ord_0306ねぎ姉さん

 各界からのコメント。

「わたし男だけど1000本も描くってすごいと思うの」(無職24歳)

マンガがマンガでなくなる境界を見せてくれる、黙示録的作品」(マンガ評論家)

「俺は数学が嫌いなんだよ」(DQN22歳)

「姉さんの頭から生えた葱は、カブトムシの蛹を連想させる。それは、この作品が羽化し、どこかへ飛び立つことを示唆している。行く先が読者のついていける地平であることを願うばかりだ」(心配する芸術家)

「初音ミクの葱は姉さんのパクリ」(古株の読者)

「一回一回の作品は、単なる素材に過ぎない。〈る〉で自動生成した方が面白いというのは、作者の立場を放棄しており、斬新だ」(Webデザイナー)

「神の意志によって描かれたものは理解できなくて当然」(宗教家)

「らきすたの一人は、姉さんの親戚」(アニオタ)

「クレイジーだ。日本人は地球の人間とは思えない」(アメリカ人)

「シュールでは済まされない不可解さが連発し、読者をひきつけてやまない。脳以外のどこかで考えているとしか思えない」(医学者)

「狂ったように面白いのか、面白いように狂っているのか、私には判断しかねる」(詩人)

 いつの間にか1000回を越え、本まで出ているとは知りませんでした。本は自動生成ができないのが難点ですね!

posted by Dr.K at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック