2009年11月22日

DSiLLで快適卓上ゲームライフ

 ニンテンドーDSiLL、快適に楽しんでおります。
 輝度の高い画面は見やすく、大きなタッチペンとパネルは操作しやすく、音もきれいで言うことなし。
 しかし一方、ネットの評判の常とは言え、根拠のないネガティブ発言が多いのは残念なこと。買った者の一人として、反論できるところはしておこうかと。

 まず、でかいでかいとおっしゃいますが、実際には、閉じた状態で新書より小さく、充分にコンパクトです。
 次に、重い重いとおっしゃいますが、実際には、初代PSPと大して変わりません。
 そして、高い高いとおっしゃいますが、実際には、脳トレと国語辞典が入っており、加えて1000ポイントのサービスがあります。これらは3400円相当になりますので、本体は実質16600円となり、高くありません。

 あえて難点を挙げるならば、
・光沢仕上げの上蓋に、やたら指紋が目立つ
・SDカードスロットの蓋が開けにくい
・カラーバリエーションが地味なものだけ
というくらいでしょうか。いずれも全く些細な問題です。
 無印→ライト→i→LLと4代に渡って改良されてきたからこそ、大変完成度の高い商品になっているのでしょうね。

posted by Dr.K at 11:40| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はLLのカラーうらやましい。
ブラウンとかレッドとかすごい好みです。
でも買う予定はないですけどねw
というか個人的に今までつくったやつが大画面で
拡大されると思うと…w
Posted by にら at 2009年11月22日 17:41
お久しぶりです。新しい職場で元気にしてますか。
LLは、ドットが数えられるくらいハッキリ見えますよ(笑)
Posted by Dr.K at 2009年11月22日 19:51
ぎょー。拡大こわいw
職場は今大変なことになっています(笑)
来年辞めますよww
Posted by にら at 2009年11月28日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック