2009年12月25日

レトロ魂証明終盤 「ヘラクレスの栄光 魂の証明」

 「サクラノート」に続いてプレイしている「ヘラクレス」。偶然ですが、これ両方ともシナリオが野島一成なんですね。そろそろ終盤のようなのですが、意外性のある展開が続いて面白いですよ。
 そういえば、ストーリーコンセプトという謎の役職ですが、新作「FFXIII」にも野島一成が関わっていますね。評判はどうだろう、と思ったらさすが2ch。発売日以来、大ネガティブキャンペーン実施中でしたよ!

・街が少ない
・中盤まで一本道、自由度無し
・パーティはずっと固定。ほぼ戦闘→ムービーの繰り返し
・システムが10の焼き増し
・操作しているキャラが死ぬとゲームオーバー
・戦闘後は全回復
・さらにたたかう連打の究極作業。戦略性も糞も無い
・「ヒャッハーヒャッハー」テンションの無駄に高い英雄気取りがうっかり村を全滅させる
・召喚獣が変形するというギャグみたいな仕様
・買い物はセーブポイントのオンライン販売のみという手抜きっぷり
・しかもお金がほとんど手に入らないのでほとんど無意味
・戦闘ファンファーレはない
・ムービーが多い
・移動がマラソン
・体験版からほとんど改善なし
・ファミ通で広告を大々的にしてたのにも関わらずなぜか満点を逃す
・MPがない
・レベル概念廃止
・ステータス画面は力と魔力のみ

 ファンの人には申し訳ないですが、これはなかなか見事です。しかしよく見ると…おや? 「ヘラクレス」にも共通点があるような? そこで悪ノリして、「ヘラクレス」バージョンを作ってみました。

・街が小さい
実は一本道、自由度無し
・ほぼ戦闘→寸劇デモの繰り返し
・シナリオが3の焼き直し
・戦闘中にやたら回復
・さらに魔法はタッチペン連打の究極作業。戦略性も糞高い
・「わはははわははは」テンションの無駄に高い英雄気取りがうっかり〈捨て身〉で自滅する
・パーティーメンバーが全員不死というギャグみたいな仕様
・予告なくセーブができなくなるという手抜きっぷり
・ほとんどダメージがないので、宿屋やキャンプがほとんど無意味
・戦闘ファンファーレは長い
・ムービーはOPだけ
・移動がマラソン
・スーファミ版からほとんど改善なし
・ファミ通で広告が直前まで出ない
MPが減らない
・ステータス画面は細かすぎて見えない

 はい、すみませんでした。
 ↓最後にオマケ。「NewスーパーマリオブラザーズWii」のバージョンを発見。

・街がない
・中盤まで一本道、自由度無し
・パーティは固定。ほぼ戦闘の繰り返し
・システムが1の焼き増し
・操作しているキャラが死ぬとゲームオーバー
・戦闘後は全回復
・さらにジャンプ連打の究極作業。戦略性も糞も無い
・「ヘキサゴン!」「ヒァーウィゴー!」「マリオNo1!」テンションの無駄に高い英雄気取りがうっかり仲間を全滅させる
・キノコで変身するというギャグみたいな仕様
・買い物はスターコインのおたからムービー販売のみという手抜きっぷり
・戦闘ファンファーレはない
・ムービーが少ない
・移動が徒歩とダッシュ
・体験版なし
・ファミ通で大して広告しないのにも関わらずなぜか満点
・MPがない
・レベル概念廃止
・ステータス画面はコインとスコアとタイムと残機のみ

うん、こちらもなかなかオモロイですな。

posted by Dr.K at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック