2010年05月15日

「龍が如く4」その2 カラオケ番長日記

 前作「龍が如く3」で話題になったのがカラオケのミニゲーム。渋いはずの桐生が、オタ芸もかくやという激しい合いの手を入れる衝撃映像は、瞬く間に動画サイトを駆けめぐった。

 好評につき、「4」にもひきつづきカラオケはある。ところが、どうも物足りない。前作では、キャバ嬢が歌ったあと桐生が歌ったのだが、今回はキャバ嬢が一曲歌うだけなのだ。「4」は主人公が4人もいるので、いちいち歌を収録できなかったのだろうか。
 などと思っていたら、あるキャバ嬢だけ2曲、しかも2曲目はデュエットだったのである!

Ryu402

 こりゃ豪華だ。秋山役の山寺宏一が、バラエティ番組のカラオケのときと同じで、無駄に美声を響かせていて笑うしかない。なんと、平野綾とデュエットもできるらしいぞ。このゲームではあの見かけだけど(笑)

posted by Dr.K at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック